【2019年】104円台の円高+アップル下方修正で大発会の株価は?米国株・日本株の影響まとめ

2019年1月3日の為替市場で、1分間の間に急激な円高(109円台から104円台)が発生しました。

あまりの急激な為替の動きに、FX投資家も被害多数の状況となっているようです。今後の米国株、日本株への影響についてまとめました。

2019年1月3日の急激な円高とは?

1/3(木)の外国為替市場において、午前7時半頃から一時1ドル=109円台から104円台に急激な円高が発生しました。

1月3日ドル円104円の円高

1分間の間に109円→104円に急騰

その後107円台の円安に戻しましたが、依然として円高な状況は継続しています。

ドル円104円台の円高になった原因は?

円高になったきっかけとしては、NY市場の時間外に発表された米アップルの下方修正が原因と推測されています。

株価下落を回避するためのリスク避難先として円が買われ、その動きが加速した可能性があります。

円が急騰した原因は?FX投資家は退場者も

薄商いの状況の中、人工知能(AI)による円買いが加速した可能性があるとの報道がされています。

またその急激な価格変動により個人投資家のロスカット売りが連鎖し、一気に加速した可能性があるとの推測も流れています。

2018年にも「VIXショック」と呼ばれる、コンピュータによるアルゴリズム売買が株価の急落を引き起こした事がありました。今回も似た事例の可能性があるようです。

今回もあまりに急激な急激な動きに、レバレッジをかけていたFX投資家の中には退場者もいるようです。

引き続き薄商いの状況であることは間違い無く、乱高下に注意する必要があるでしょう。

AAPL(アップル)下方修正による米国株市場への影響は?

1月2日、米アップル社が下方修正を発表しました。2018年10~12月期の売上高について、当初予想890億~930億よりもりも5~10%低い840億ドルと発表しました。

米株式市場の時間外取引では、アップルの株価は-8%の下落となっています。

下方修正の原因自体は、アップル社自体の経営に関する問題点もあると考えられます。

しかし米APPLE社の業績下方修正の影響は、米国株価指数に対する影響以上に、個人投資家に与える心理的に大きいと思われます。

特に2018年末から米国株の下落の要因の一つとされる米・中国間の貿易摩擦問題による影響と意識される可能性があります

日本株市場はいつから始まる?大発会への影響

日本株市場が始まるのは1/4(金)の大発会からとなっています。

日本株市場は年末~正月休みだったため、1/3(木)夜間の米国株市場の影響を大きく受けてのスタートとなります。

このまま始まると年末から大幅安でスタートする可能性もあります

日経平均株価への影響は?

日経平均株価にとって円高はデメリットとなります。日経平均採用企業に輸出関連企業が多いことが理由の一つです。

しかしそれ以上に世界的な投資資金がリスクオフした際の逃避先は、安全資産である円となります

一般的には円高=株安となる可能性が高いと言えます。

大発会、1月の例年の株価の傾向・アノマリーは?

例年1月は「ご祝儀相場」とされ、株価が強い傾向があります。

12月にポジションを解消した個人投資家や機関投資家による買い戻しが入る事が原因の一つとされています。

2018年12月は大きな暴落があったため、買いポジションの多くは解消されている状況となってはいます。

しかし現状の市場環境では、すぐに本格的な買い戻しが入らない可能性もあります。例年の傾向(アノマリー)は今年は通用しない可能性があります。

日本株市場に先駆け「円高/ドル安+APPLEの下方修正」の影響を受けて始まる、1月3日(木)夜間の米国株市場の動向は注目が必要です。

NY株式市場の取引時間と年末年始カレンダー

【2019年】NY株式市場の取引時間・休みの日は?米国株(ニューヨークダウ)・日本株市場のカレンダーを解説

1月 1, 2019