今こそ始めたい「米国株」。買い方、注文方法を分かりやすく解説

米国株(アメリカ株)の買い方を、初心者向けに分かりやすく解説します。

米国株は日本株よりも右肩上がりの成長をする企業が多く、長期的な資産運用に向いています。

また日本時間の夜に売買できるため、日中忙しい会社員も安心して注文することができます。

しかし外国株は情報が少なく、難しいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、初心者でも分かるように米国株の買い方について紹介します。

米国株(アメリカ株)を買う方法

米国株は下記のステップで購入します。

  1. 米国株用の証券口座を作る
  2. 証券会社に入金する
  3. 銘柄を選んで注文する

基本的には日本株と大差なく、特に難しい点はありません

米国株用の口座(証券会社)の選び方

米国株を売買するためには、まず「米国株用」の証券口座を作る必要があります。

米国株を取り扱う証券会社は日本株に比べて少なく、あまり選択肢はありません。

手数料の安い「ネット証券」だと、下記の4社が対象になります。

この中ではDMM株 が手数料も安く、初心者向けです。

マネックス証券は取扱銘柄が多く、マイナーな銘柄も売買したい中級者以上におすすめの証券会社です。

楽天証券・SBI証券は日本株にはおすすめですが、米国株用のスマホアプリが無い点がネックです。

  • DMM株:手数料が安く初心者向け
  • マネックス証券:取り扱い銘柄数が多く、上級者向け
  • 楽天証券:スマホアプリが無い
  • SBI証券:スマホアプリが無い
ついに米国株手数料が無料化!DMM株レビュー【口コミ・評判】

米国株の買い方

米国株口座の入金方法

米国株を購入する際には、まず銀行から証券会社の米国株口座に入金を行います。

その後株を購入する際には、米ドルに両替をした上で購入する必要があります。

しかし決済方法を「円」にした場合、約定時に自動的にドルに両替されるので意識する必要性はありません。

※なお日本円⇔米ドルの両替の際には「為替手数料」が発生します。

米国株の購入単位

米国株は、株を1株単位で購入する事ができます。

日本株は通常1,000株単位(一部の銘柄は100株単位)で購入する必要があります。

そのため基本的には、少額の単位で投資する事ができます。(1株でも高単価な銘柄も存在します。)

銘柄の選び方・ティッカーシンボルとは

おすすめの株主優待ランキング

米国株の銘柄を選ぶ際には、ティッカー(ティッカーシンボル)という言葉が使われます。

ティッカーとは、銘柄の名前を短縮してアルファベットで表したものです。

例)
MCD:マクドナルド
KO:コカ・コーラ
AAPL:アップル
AMZN:アマゾン

日本株の場合は証券コード(数字4桁)が使われますが、米国株では「ティッカー」が使われます。

注文時に銘柄を選ぶ際には、銘柄名、またはティッカーを入力して注文します。

MEMO
注文時には「銘柄名」で検索できるので、ティッカーを暗記する必要はありません。

米国株の注文方法

米国株を注文する際には、下記の2つの注文方法を選べます。

・成り行き注文:その場の価格で売買する
・指値注文:自分で決めた価格で売買する

どうしても今すぐ売買したい場合を除いて、基本的には指値注文を使います。

注文する際には、下記の指定をして注文ボタンを押します。
・銘柄名
・売買する株数
・売買する株価

日本株だと多彩な注文方法が用意されていますが、米国株はシンプルに値段を決めて注文するだけです。

米国株の売買手数料

米国株を売買する際には、売買手数料と為替手数料が必要です。

売買手数料は、証券会社毎の差は横並びになっています。

現時点では、売買手数料が無料の「DMM株」が一歩リードしています。

米国株の取引時間

米国株の取引時間は、日本の夜間に当たります。

アメリカには「サマータイム」と呼ばれる期間があり、期間中は取引時間が1時間早くなります。

  • 標準時間:23:30~6:00
  • サマータイム:22:30~5:00(3月第2日曜日~11月第1日曜日)
ニューヨーク株式市場取引時間・休日カレンダー【2020年】NY株式市場の取引時間・休みの日は?米国株(ニューヨークダウ)・日本株市場のカレンダーを解説

米国株で信用取引、空売りはできる?

米国株は現物株のみの取引が可能で、信用取引はできません。

また、米国株の空売りもできません。

もし米国株の下落時に利益を出したい人は、「CFD」口座を利用する方法があります。

金や原油に投資できる「CFD」とは?分かりやすく解説

米国株投資におすすめのアプリ

米国株用のスマホアプリは日本株と異なり、全ての証券会社で提供されていません。

米国株用のアプリが提供されている証券会社は、DMM.comとマネックスのみとなります。

DMM.comのアプリは初心者向け、マネックスのアプリは上級者向けの内容になっています。

また楽天証券・SBI証券はスマホアプリが無く、パソコンから注文する必要があります。

米国株リアルタイム株価・チャートアプリ【米国株】リアルタイム株価・チャート確認用おすすめアプリ

米国株投資におすすめの本

米国株投資に役立つ、おすすめの本は下記の記事で紹介しています。

2019年おすすめ株の本ランキング。投資初心者の勉強に【2020年】株本ランキング20。名著400冊からおすすめを厳選

また、投資の神様ウォーレン・バフェットの本は必読です。

ウォーレン・バフェットの株本おすすめのバフェット本9選!投資法や銘柄、名言集まとめ

まとめ

米国株の注文方法は、日本株に比べて特に難しくはありません。

米国株には高配当銘柄も多く、アマゾンやAppleなどの超成長株も豊富です。

以前は米国株投資は難しいイメージがありましたが、DMM株 が初心者向けのアプリも提供し環境も整ってきました。

長期投資で資産を形成したい会社員の方には、日本株以上におすすめします。

以上、米国株の買い方についての解説でした。

おすすめ米国株証券会社米国株におすすめの証券会社は?使いやすさ・手数料比較レビュー