ついに米国株手数料が無料化!DMM株レビュー【口コミ・評判】

「DMM株」は、取引手数料が業界最安レベルの証券会社です。

2019年に入り、DMM株は米国株の「取引手数料無料化」が発表されました。

米国株を取扱う他の証券会社に対し、手数料面で一歩リードした形になります。

DMM株は後発の証券会社ですが、サービス内容が徐々に充実し有力な選択肢になってきました。

そこで実際に口座を開設し、使用感を試しましたのでレビューします。

DMM株(DMM.com証券)」とは?

DMM株(DMM.com証券)」とは、DMM.com社が運営する株用の証券会社です。

DMM株では、日本株・米国株の両方を取り扱いしています。

DMM.comと言えば動画サービスの印象が強い人も多いかもしれません。

しかし以前からFX・CFD・仮想通貨等では、メジャーな証券会社となっています。

しかし株については後発でサービスを始めたため、まだ利用者は少ない状況となっています。

DMM株のメリット

DMM株のメリットとしては、下記の点が挙げられます。

  1. 取引手数料が最安レベル
  2. 米国株の取引手数料が無料
  3. PC・スマホアプリが意外と優秀
  4. 名証、札証、福証の銘柄を売買できる
  5. IPOは前受金無しで抽選に参加可能、平等抽選

DMM株のデメリット

DMM株のデメリットとしては、下記の点が挙げられます。

  1. 取り扱い銘柄数が少ない
  2. 一般信用の取り扱い銘柄が少ない(優待クロス用には使えない)
  3. 投資信託の取り扱いが無い

DMM株の米国株取扱い

米国株は取り扱うネット証券は限られており、選択肢としては下記4社が候補になります。

  1. DMM株
  2. マネックス証券
  3. 楽天証券
  4. SBI証券

これまで各社、取引手数料は横並びでした。

しかし2019年にDMM株のみ取引手数料が無料となり、一歩リードした形になります。

手数料を節約したい人には、米国株用のメイン口座と有力な候補になります。

DMM株の取引手数料

DMM株の特徴は、何と言っても取引手数料が安いという点です。

日本株においては、手数料・信用金利共に証券会社の中では最安レベルとなっています。

また米国株については取引手数料が無料なのはDMM株1社のみです。

DMM株のスマホアプリ・PCアプリ

DMM株では株を売買するためのアプリが3種類用意されています。

  1. DMM株 STANDARD(PC Webブラウザ版)
  2. DMM株 PRO(PC インストール版)
  3. DMM株 スマホアプリ (Android・iPhone版)

手数料の安いライブスター証券等は、アプリの出来は「安かろう悪かろう」でかなり酷いです。

しかしDMM株のアプリは意外とよく出来ており、普通に注文する分には支障ありません。(kabu.comのアプリに似ています)

正直SBI証券や楽天証券には劣りますが、手数料を考えると及第点のように思えます。

またDMM株は米国株もスマホアプリで売買できるので、米国株用としてはメリットが大きいです。

結論:米国株投資用にはおすすめ

大半の投資家は下手に日本株をトレードするより、米国株に長期投資する方がリターンが大きいと思われます。

その際、アプリから簡単に米国株を売買できるDMM株は有力な選択肢になります。

投資信託の取扱が無いなど、手数料が安いだけありサービスは限定されています。

しかし米国株用であれば、手数料を節約したい人にはおすすめできる内容になっています。

まとめ

DMM株は取引手数料が証券会社の中でも最安レベルとなっています。

その分、投資信託の取扱が無いなどサービス内容は限定されています。

しかし手数料が安い割に、アプリはそれなりに使える物が提供されています。

特に米国株については、SBI証券や楽天証券には無いスマホアプリが提供されています。

米国株は取引手数料が無料化されたこともあり、手数料を節約したい人にはおすすめです。