給与振込口座におすすめの銀行は?振込手数料無料条件を比較してみた

給与振込先口座におすすめの銀行

一部の銀行は、給与振込口座にすることで「振込手数料が無料になる」特典があります。

何となく、ゆうちょや大手メガバンクを使っている人も多いのではないでしょうか。

しかし会社で銀行の指定が無い場合は、特典の多い銀行を選んだ方が絶対にお得です。

どの銀行がお得で、実際に使いやすいかを比較したので紹介します。

銀行はネット銀行がおすすめ

基本的に銀行口座は、ゆうちょや大手メガバンクではなく「ネット銀行」がお得です。

ネット銀行は下記2点の特典があります。

  1. コンビニATM 出金手数料無料
  2. 振り込み手数料無料

振込手数料は高いので、年間にすると結構な節約になります。

また手数料を気にせずコンビニでお金を下ろす事ができるのは、社会人にはかなり便利です。

(コンビニだけではなく、ゆうちょや銀行のATMも利用できます。)

またネット銀行はアプリも充実しており、資産管理する上でも非常に便利です。

給与振込口座に指定するメリット

ネット銀行の無料特典は便利ですが、毎月に利用できる回数が決められています。

しかし、いくつかの条件をクリアすれば利用回数が増える仕組みになっています。

例)口座残高 30万円以上

条件のうち、最も簡単な方法が「給与振込口座に指定する」という条件です。

おすすめのネット銀行

ネット銀行は複数ありますが、実際に比較してみると楽天銀行と住信SBIネット銀行の二つに絞られます。

住信SBIネット銀行 公式サイト

楽天銀行 公式サイト

この2つは下記の点で、大きなメリットがあります。

  • 振込手数料、ATM無料回数の追加条件を達成しやすい
  • 証券会社と資金を連携できる
  • 資産管理アプリが無料で使える

もし株や投資信託に投資している場合、証券会社と資金連携できる銀行を選ぶのが最もおすすめです。

資金連携することで、通常数日かかる口座間の資金移動がリアルタイムで行えます。

  • 住信SBIネット銀行:SBI証券と連携可能
  • 楽天銀行:楽天証券と連携可能

①住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行には、「スマートプログラム」という無料条件のサービスが用意されています。

何も条件を満たさないとランク1となり、振込手数料無料は1回だけです。

ランク1でも十分お得ですが、ランク2~ランク3位は容易に達成できます。

ランクコンビニATM無料振込手数料無料
12回1回
25回3回
37回7回
415回15回

ランク2になるには、以下1~4のいずれかの条件を満たす必要があります。

1総預金の月末残高が30万円以上
2ロボアドバイザー資産運用残高の合計が月末時点で10万円以上
3

以下1~11の条件のうち2つ該当

  1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  2. 仕組預金の月末残高あり
  3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  4. 純金積立月末時点でご契約あり
  5. 給与、賞与または年金の月内ご入金あり
  6. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末残高あり
  7. カードローンの月末残高あり(50万円以上2つにカウント)
  8. スポーツくじ購入または公営競技ご入金の月内合計が2万円以上
  9. ミライノ デビットの月末時点の確定金額が合計1万円以上(3万円以上2つにカウント)
  10. クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の引落口座を当社に設定かつ当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上2つにカウント)
  11. プリペイドカード「JAL Global WALLET」への円貨チャージの月内合計金額が1万円以上(3万円以上2つにカウント)
430歳未満

「5.給与、賞与または年金の月内ご入金あり」は、給与振込口座にすることで達成できます。

後は「3.SBIハイブリッド預金の月末残高あり」という項目の達成も簡単です。

SBIハイブリッド預金とは、住信SBIネット銀行とSBI証券間で資金移動できるお金のことです。

SBI証券に口座を作り、1円でも入金しておけば達成できます。

住信SBIネット銀行 公式サイト

②楽天銀行

楽天銀行は、楽天市場や楽天カード、楽天証券を使っている人にはおすすめの銀行です。

楽天銀行にはハッピープログラムというサービスがあります。

銀行の口座残高か取引回数が多いと、その分ATM利用手数料・振込手数料の無料回数が増えます。

しかし楽天銀行を給与・賞与の受け取り口座に指定すれば、それだけで他行への振込手数料が3回無料になります。

楽天銀行ハッピープログラム

楽天銀行は楽天証券と連携することで、普通預金の金利もアップします。

楽天銀行 公式サイト

まとめ

給与振込口座は、特典のある銀行に指定しないと勿体無いです。

特に住信SBIネット銀行楽天銀行は、簡単にコンビニATMや他行の振り込み手数料を無料にすることができます。

手数料を気にせず振り込みしたり、コンビニATMでお金を下ろせるのはかなり便利です。

以上、給与振込口座におすすめの銀行のレビューでした。

住信SBIネット銀行 公式サイト

楽天銀行 公式サイト

サラリーマンにできる節税対策は?税金の節約方法をまとめてみた