投資本

【2019年】株の本ベストセラー10選。投資初心者が読んでおきたい定番を厳選

バフェット、ピーターリンチ、オニール等、世界最高レベルの投資家の本を紹介します。

いずれも定番の名著なので、一度は目を通しておきたい物ばかりです。

どの本もベストセラーになるだけあり、実戦で役立つ情報が満載です。

オニールの成長株発掘法

投資本の中で最高レベルの1冊。実際に使える具体的な投資手法が書かれています。

トレードに関するルール作りの上で参考になります。

ピーター・リンチの株で勝つ

伝説的投資家ピーター・リンチの本。

この本に書かれている事が正しいことを理解するには、数年以上投資の経験を積まないと理解できないかもしれません。

私は今でも読む度に新しい発見があります。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

著者はメアリー・クラークというバフェットの親戚で、この本以外にもバフェットの投資法に関する本を出版しています。

その背景を知っていると「本当にバフェットは、この本に書いている投資法をやっているのか?」と不安になります。

しかし、そんな事は抜きにしてもこの本は良本です。

ここ数年で10バガーを達成した銘柄については、まさにこの本に書いている通りの物が多いです。

長期投資で保有する際の銘柄分析の考え方としては、これ以上の書籍は無いでしょう。

ミネルヴィニの成長株

ミネルヴィニは名著「マーケットの魔術師」にも登場している投資家です。

オニールの影響が大きく、ファンダとテクニカル両方を駆使する投資法です。

本当の成長株は高PERでも買う、という点は目からウロコの内容です。

マーケットの魔術師

世界的な投資家にインタビューを行い、まとめた本です。

世界トップレベルの投資家の考え方を知る事は非常に貴重です。

欲望と幻想の市場 伝説の投機王リバモア

伝説の投機家、ジェシー・リバモアの伝記小説です。多くの著名投資家が名著として本書を挙げています。

リバモア自身が書いた本ではありませんが、投資を行う上で必要な事が多く書かれてます。

一世紀前の本とはとても思えない位、現代でも通用する内容です。

デイトレード

株式相場で利益をあげるための考え方や心構えについて書かれた本です。

「デイトレード」とタイトルにありますが、デイトレーダー以外の投資家も役立つ内容です。

ある程度投資経験を積んでからこの本を読むと、さらに納得できる内容です。

テンプルトン卿の流儀

「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、陶酔の中で消えてゆく」という名言で有名なジョン・テンプルトンの著作。

読み物としても面白い本ですが、皆が悲観している暴落時に買うなど投資の本質的な部分が書かれている本です。

読んでおいて損の無い名著です。

賢明なる投資家

バフェットの師にしてバリュー投資家の権威、ベンジャミン・グレアムの名著中の名著。

世界最高の投資家であるバフェットが師事するだけあり、内容は上級者向けとなっています。バリュー投資を勉強する人は必ず読んでおきたい所です。

ゾーン

投資における心理面を書いた名著中の名著。著名な投資家でこの本を推す人が多いだけあり、投資はメンタル面が重要になってきます。

スイング売買の心得

スイングトレーダーとして有名なワイコフの本。トレード方法ではなく、心理面等におけるアドバイス、格言等が中心。

まとめ

投資の勉強をするには投資本を読むことが近道です。

上記の本は、いずれも実際の投資において役立った本ばかりですので参考になるでしょう。