投資本

【2019年】株の空売りに役立つ投資本5選。株価暴落対策におすすめ

株の空売りの勉強、おすすめの投資本

暴落時や株価の下落相場では、空売りすることで利益を出す事ができます。

しかし空売りに関する情報量は少なく、独学で勉強するのは難しいのが難点です。

そこで空売りを勉強する際に参考になった、おすすめの本を紹介します。

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

ジョン・シュウギョウ
Amazonの情報を掲載しています

株の空売りをするためには、信用取引を行う必要があります。空売りのテクニック以前に、まず信用取引の仕組みを理解する必要があります。

そこでまずは、本書のように信用取引に関する入門書から勉強する事をおすすめします。

信用取引に関する知識は空売りに限らず、通常の株式売買においても重要な知識となります。

上手に稼ぐカラ売りテクニック

空売りに関する入門書です。実際の空売りの売買方法や、必要となる基礎知識を学習することができます。

オニールの空売り練習帖

オニールの空売り練習帖

オニールの空売り練習帖

ウィリアム・J. オニール
Amazonの情報を掲載しています

株の権威、ウイリアム・J・オニールによる空売りに関する本です。

株の空売りだけに限らず、株価の天井圏におけるチャートの動きなどを学習することができます。

そのため、空売りをしない投資家の人も読む価値が充分にあります。なお本書に限らず、オニールの本は投資本の中でも最高レベルにお勧めです。

株式売買スクール

株式売買スクール

株式売買スクール

Amazonの情報を掲載しています

オニールの生徒であるギル・モラレス、クリス・キャッチャー達の書籍です。

オニールの投資法、及びそれらを発展させた投資法が記載されています。本書ではマーケットタイミングを読むための方法や空売りの手法も紹介されています。

かなり読み応えのある本ですが、本格的に学習したい人には本書は非常に有益な本です。

欲望と幻想の市場 伝説の投機王リバモア

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

欲望と幻想の市場―伝説の投機王リバモア

エドウィン・ルフェーブル
発売日: 1999/04/05
Amazonの情報を掲載しています

伝説の投機家、リバモアに関する本です。多くの著名投資家が本書をベストの1冊に挙げており、名著として知られています。

本当に巨額の利益を上げたリバモアの考え方を学ぶ事は、小手先のテクニックを覚えるより大きな価値があります。

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

デイトレード マーケットで勝ち続けるための発想術

オリバー・ベレス, グレッグ・カプラ
発売日: 2002/10/21
Amazonの情報を掲載しています

デイトレーダーとして成功するための心構えを書いた本です。特にデイトレーダーに限らず参考になる内容となっています。

まとめ

株の暴落時には空売りすることで利益を出す事ができます。

株価の天井圏の動きや信用取引の知識について学習することは、空売りに限らず普段の投資においても非常に有益です。

以上、株の空売りを勉強するための投資本の紹介でした。

関連記事