クレジットカード

投信積立でポイントが貯まる!知らないと損する楽天カードの使い方

楽天証券の楽天カードポイント投資

楽天証券では、投資信託の支払いをクレジットカード払いにすることができます。

カード払いにすることで、購入金額に対し1%の楽天ポイントを貯める事ができます

投資信託は購入する金額も大きいため、長い目で見ると大きな差になってきます。

本記事では、投資信託の積み立てを楽天カードで使う方法のメリット・デメリットを紹介します。

楽天証券の楽天ポイント投資

投資信託の楽天カードクレジット決済で積み立て楽天証券では投資信託を購入する際、楽天カードによる決済ができるようになりました。

毎月積み立てている投資信託の購入で、楽天ポイントを貯めることが可能です。

貯まるポイントは1%ですが、それだけでも定期預金の金利以上の数字となります。

毎月の積み立てなので、長い目で見ると無視できない金額になってきます。

楽天証券公式ページ

楽天カードはNISAやつみたてNISAで使える?

楽天証券のNISA・つみたてNISA

楽天証券のカード決済は、「NISA」や「つみたてNISA」でも使うことができます

NISAで節税しながら、さらにポイントを貯めることができます。

楽天カード支払いのメリット

楽天カード

投資信託による資産運用を行う上で、楽天証券は最有力候補の証券会社です。

投資信託は銀行や郵便局、大手証券会社等でも買うことができます。

しかし割高な商品をセールスされたり、高額な手数料で購入する必要があります。

しかし楽天証券は手数料も安い上、パソコンやスマホから自分で注文するだけなので安心して使うことができます。

その上さらに楽天ポイントが貯まるとなると、投資信託の購入は楽天証券の一択になるでしょう。

【2019年】証券会社比較レビュー | 手数料・アプリ重視でおすすめを厳選株初心者におすすめの、証券会社のランキングを紹介します。 証券会社の比較サイトを見ても、結局どの口座を作ればよいのか悩む人も多いのでは...

楽天カード支払いのデメリット

楽天証券のクレジット決済

楽天カードの積み立てのデメリットは、積み立てできる金額の上限が決まっていることです。

上限は「毎月50,000円まで」となっています。ポイント還元率が高い分、上限があるのは仕方がないと言えます。

とは言え毎月50,000円分もあれば、充分な金額と言えるでしょう。

楽天カードのメリット

楽天カードは、投資家でなくても1枚は作っておきたいクレジットカードです。

  • 年会費無料
  • 普段の買い物で1%のポイントが貯まる
  • 投資信託の購入でポイントが貯まる
  • 貯めたポイントは楽天証券で投資できる
  • 新規入会で楽天ポイントが5,000ポイント貰える

楽天カードは楽天以外の買い物でもポイントが1%貯まります。

携帯代の支払いやスーパーの買物等、普段の買い物で使うことで大きな節約になります。

さらに投資信託の購入もできるようになったため、投資家が持っておきたいクレジットカードの最有力候補になりました。

楽天カード公式ページ

まとめ

楽天証券では、投資信託の支払いに楽天カードが使えます

楽天カードで投資信託を購入することで、1%のポイントを貯めることができます

1%と言っても、銀行の金利以上の数字です。長い目で見ると大きな差になってきます。

投資信託による資産運用を考える上で、当面は楽天カード・楽天証券が最強の組み合わせになりそうです。

楽天証券 公式ページ
楽天カード公式ページ