CFDで米国株や金・原油に投資する方法。株価暴落のヘッジにもおすすめ

CFDとは?おすすめの口座

CFDとは日本・米国株、金・原油などに投資できる仕組みです。

普段は株の売買だけしている投資家も、金や原油バブルのチャンスを活かす事ができます。

またCFDは「売り」で利益を上げることも可能です。

CFDは24時間取引できるため、夜間の暴落時にリスクヘッジすることが可能になります。

本記事では、CFDの使い方について初心者にも分かりやすく紹介します。

GMOクリック証券 CFD公式
 

CFDとは?

CFDとは、日本・米国株、金・原油などに投資できる金融商品のことです。

CFDの仕組みはシンプルで、購入した商品の差額(買った値段と売った値段の差)が利益になります。

CFD取引のやり方は?

CFD取引のやり方は、特に難しくありません。株やFXと同様に、証券会社に口座を作って売買を行います。

注文もアプリから商品を選び、必要数量を注文するだけです。

株やFX等の経験者であれば、すぐに取り組むことができます。

CFDのメリット

CFDには下記のメリットがあります。

  1. 日経225や米国株、金・原油等にも投資できる
  2. 買いだけではなく「売り」でも利益が出る
  3. 夜間、祝日も取引ができる

CFDのデメリット(金利・配当金)

CFDは便利ですが、下記のデメリットがあります。

  1. 保有し続けると金利が発生する
  2. 配当金は受け取れない

CFDでは株に連動する商品も取り扱っています。

しかし株に関する商品を長期保有する場合は、株やETFを買う方がコスト面で有利です。

CFDの有効な使い方

CFDは株式投資と組み合わせることで投資戦略の幅が広がります。

おすすめの使い方は下記3点です。

①金・原油への投資

原油投資

世界情勢に問題が発生すると、株価は下がります。

しかし原油価格は逆に、貿易摩擦等の影響で高騰する場合があります。

また安全資産として「金」も逆行高する特性を持っています。

CFD口座を用意しておけば、金・原油バブル時に利益を上げることができます。

②株の「売り」で利益を出す

CFDは「売り」で利益を出すことができます。

そのため、日本株や米国株の下落時にも利益を出すことができます。

日本株は「日経225先物」等で売ることは可能です。

しかしCFDを使えば、米国株や原油等の「売り」もできるようになります。

③暴落時のリスクヘッジ

CFDはほぼ24時間、祝日でも売買が可能です。

株の暴落は、夜間の海外市場のイベントが原因で発生することがあります。

日本株市場が開く翌朝まで待っていると、その間に大暴落することも少なくありません。

その時もCFD口座があれば、夜間に日経や米国株の「売り」が可能です。

傷口が大きくなる前に、リスクを限定することができます。

さらにCFDはレバレッジ(入金額の数倍の取引)ができます。

リスクヘッジ用の場合、口座に入金が少なくて済むのもメリットです。

CFDにおすすめの証券会社の口座は?

CFDは株やFXと同様に、大手証券会社にて売買することができます。

しかしCFDの口座には選択肢がなく、実質GMOクリック証券の一択になります。

他の証券会社は取り扱い銘柄がほとんど無く、原油・金などは売買できません。

またGMOクリック証券はCFD専用のスマホアプリも提供し、非常に力を入れています。

  • GMOクリック証券
  • DMM.com
  • 岡三オンライン証券(くりっく株365)
  • SBI証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • サクソバンク証券(海外)
  • IG証券(海外)

GMOクリック証券のCFD口座の評判・口コミ

CFDを売買する投資家のブログやSNSを見ると、ほぼGMOクリック証券を利用しています。

私自身も利用していますが、GMOはスマホアプリが使いやすい点が大きいです。

米国株・原油・金などの様々な価格を見る事ができ、効率的な情報収集ができます。

このGMOのスマホアプリが使えるだけでもメリットがあります。

まとめ

CFDを使うことで、日本・米国株、金・原油等に投資することができます。

  • 日経225や米国株、金・原油等にも投資できる
  • 買いだけではなく「売り」でも利益が出る
  • 夜間、祝日も取引ができる

CFDは、株価暴落時のリスクヘッジにも最適です。

いざという時のために、CFD口座はあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

GMOクリック証券 無料登録