主力のオプトエレク+12%・SKジャパン+8%以上で資産高値を更新

チャート 株日記

ツイッターではリアルタイムで書いていますが、主力銘柄が本日大幅高になりました。

主力銘柄
オプトエレクトロニクス +12.48%
SKジャパン +8.35%

銘柄選定が上手く行き、保有資産は今月も最高値を更新中です。

銘柄分析できるファンダ派にとって暴落は逆にチャンス

10月に入ってからの暴落後、市場は不安定な状況が続いています。
上海市場も底値割れし、世界的に投資家のマインドは低下しているようです。

しかし市況が悪い時は、素晴らしい銘柄を仕込むチャンスでもあります。
銘柄選定やトレード技術があれば資産を増やす事ができます。

夜中に先物を見る行為はマイナス効果しか無い理由

ツイッターを見ると、一晩中先物の上下を気にしたり、米国の株価指数を見て一喜一憂している人を多く見かけます。
夜間の指数の動きで、翌日暴落するか相場が底打ちするか見守っているようです。

しかしこのような行為は、はっきり言って時間の無駄でしかありません。
そもそも夜間の先物や米国株価指数と個別株の動きは連動しません

夜間に先物が上げたのに、翌日の日中に売り込まれる光景は毎日のように見ているはずです。
そもそも今回の暴落の初動であった、10月1日の前日夜間の指数は好調でした。

個人投資家の大半が楽観視し、翌日の相場を楽しみに待っていたように見えます。
しかし実際には日中に大きな売りが出続けました。

先物価格を見ても、翌日の動きを予想するヒントにはならないことは明白です。
先物が気になるのは分かりますが、無駄な行為にはつきあうべきではありません。

無駄な相場予想より決算分析に時間を費やすべき

世界のニュースや株価指数を見て一喜一憂しても、一円にもなりません。

この間も、企業の決算が続々と発表されています。
それらをチェックしていると、全く時間が足りません。

私は無駄な相場予想をしている時間があれば、銘柄分析に時間を費やします
今月のような難しい相場でも結果がついてきているので、確実に効果のある手法だと考えています。

米国株、日経大暴落も保有株は高値更新

2018.10.13