投資日記

【2019年】主力銘柄 上位10選 | 個別株 売買結果まとめ(1月~4月)

2019年に入り株式市場は好調な状況が続いています。

2019年の4分の1が経過したため、主要な売買銘柄をまとめました。

購入後にツイッターでツイートする場合があるので、参考に当時のツイートを掲載しています。

シノプス(旧名:リンク)

2月から超主力にしていたシノプス(旧名:リンク)です。1ヶ月半で2倍になり一旦利確しました。

直近IPOに資金が集まることを予想していたこともありますが、ファンダメンタル・テクニカル両面で自信がありました。

急ピッチで上昇したためスピード調整していますが、ビジネスモデルや株式分割期待等を考えると長期的にも有望な銘柄だと考えています。

日本アンテナ

2月に主力にしていた日本アンテナです。1ヶ月で約1.8倍になりました。

この銘柄はファンダ・テクニカル・需給面においてかなりの自信があり、すぐに買わないと高騰すると考え全力買いしました。

5G関連としてのテーマ株扱いになるとは考えていませんでしたが、今後の業績や保有するキャッシュ等を考慮するとローリスクだと考えました。

保有キャッシュや株主構成を考慮し増配があるとにらんでいましたが、主要株主から売りが出るなどし当初は焦りました。

最終的には保有し続けたことで大きな利益となりました。

suntec

2月時点では日本アンテナとsuntecが本命と考えていました。

当初日本アンテナだけを選びましたが、追加でsuntecも購入しました。

買いが遅れましたが、それでも1ヶ月で約1.7倍になりました。

UUUM

UUUMは決算後、予想以上に安寄りしたため購入しました。1ヶ月で約1.4倍になりました。

まだ上値があると思いましたが、サンバイオの余波でマザーズ銘柄が売られる可能性を考慮して短期間で利確しました。

チームスピリット

チームスピリットもUUUMと同じく、決算後安く寄ったため購入しました。

長期保有のつもりで買ったのですが、1ヶ月で約1.6倍になったため利確しました。

毎日決算チェックをしていると、このように落ちているお金を拾うことができます。

ロジザード

昨年の暴落時に購入したロジザード、キクカワエンタープライズもその後続伸しました。

それぞれ2倍弱の利益確定となっています。

株価暴落後のリバウンド対策。1ヶ月で資産1.4倍以上にした方法2018年末の株価暴落後に購入した銘柄が大きくリバウンドしました。 保有銘柄の株価はこの1ヶ月間で1.4倍~2倍以上になりました。私が...

キクカワエンタープライズ

ウェルス・マネジメント


ウェルス・マネジメントは中期計画を見て購入しました。

まだ保有中ですが、1ヶ月で30%以上の含み益になっています。

ロゼッタ

ロゼッタも購入し短期で高騰しましたが、本日は決算前のリスク回避のためか売られています。

はてな

「はてな」は個人向けのブログサービスを提供している企業として有名です。
しかし今はBtoBのサービスが大きく伸びており、企業の収益構造が変化しています。

現在はてなが提供しているようなSaas関連のIT企業は人気化し、かなりの割高株であるのが普通です。ブログサービスを提供していた企業と認識が変わった場合、PERの位置が変わると考えています。

まとめ

2019年前半は、2018年末の暴落が嘘だったかのように好調な相場環境でした。

暴落中は精神的にかなり辛い時期が続きましたが、その中でも地道に決算・チャートチェックを続けたことが成果に繋がったと考えています。

2018年は最高レベルの投資成績でしたが、今年も引き続き努力したいと思います。

暴落対策と利益額上位5銘柄
【2018年】年間投資成績+163%。株価暴落対策と利益額上位5銘柄の解説2018年の年間パフォーマンスは、年初来+163%となりました。 今年は暴落がありましたが、暴落対策の手段を持っていたため逆に大きな利...
関連記事