インデックス投資のやり方は?初心者向け解説

個人投資家のはるかぶ( @hal_kabu)です。

この記事では「インデックス投資」の解説と、具体的なやり方を紹介します。

インデックス投資とは、投資初心者にも簡単にできる資産運用の基本です。

下手に株を売買するより、多くの人は資産を増やす事ができます。

特に米国株(S&P500)へのインデックス投資は、投資の神様ウォーレン・バフェットも推奨しています。

またインデックス投資は、つみたてNISAやiDeCo口座でも使うため資産運用の基本になります。

具体的なメリットやデメリット、実際のやり方を分かりやすく紹介します。

インデックス投資とは

米国株式指数「S&P500」のチャート

インデックス投資とは、「日経平均株価」「S&P500」などの「株価指数」に投資する投資方法です。

具体的には、証券会社で「インデックスファンド」と呼ばれる投資信託を積み立てで購入します。

自分で株を選んで買う場合、「どの株をいつ買うか」が難しいという問題があります。

しかしインデックス投資の場合は、一度積み立て設定をしたら放置するだけでOKです。

インデックス投資のやり方

インデックス投資のやり方は、以下の流れとなります。

証券会社に口座を作る
証券会社の口座に、銀行から入金する
積み立てする投資信託を選ぶ
積み立てする金額と、購入日を設定する

これだけなので、非常に簡単です。

インデックス投資のメリット

インデックス投資には以下のメリットがあります。

  • 少額で購入できる(毎月100円から)
  • 忙しい人でもできる
  • 大損する可能性が低い
  • 大半の人は、下手に株を売買するよりお金が増える

インデックス投資のデメリット

インデックス投資のデメリットは以下の通りです。

  • 資産が何倍にも増えるような事はない
  • 面白みは無い
  • 株価が下がっている時も続ける必要がある

インデックス投資と個別株投資、どちらがおすすめ?

私自身は個別株投資で、資産を何倍にも増やすことができています。

しかし正直な所、大半の人はインデックス投資の方が良い結果になると思います。

個別株投資は大きく資産を増やす人もいますが、それ以上に大損する人が多いです(上級者向きです)。

インデックス投資の場合、何億円も稼ぐようなことはできません。

しかしギャンブル性が無く、投資初心者でも容易に資産を増やす事ができます。

そのためインデックス投資を基本に投資を始め、慣れてきてから個別株投資に移行するのが無難だと思います。

インデックス投資のポイント

インデックス投資をする時に、多くの人が悩むポイントは以下の4点です。

  1. 証券会社選び
  2. 購入する投資信託
  3. 毎月の掛け金
  4. 資産配分(ポートフォリオ)

インデックス投資におすすめの証券会社

インデックス投資におすすめの証券会社は、楽天証券とSBI証券の2つです。

  1. 手数料が安く、良質な投資信託が買える
  2. ユーザが多く、ネット上に情報が多い
  3. クレジットカード払いでポイントを貯める事ができる
【つみたてNISA・投資信託】クレジットカード払いできる証券会社を比較

インデックス投資におすすめの投資信託

一番難しい点は、どの投資信託を選ぶかです。

基本的には米国株指数に連動したインデックスファンドが選択肢になります。

例としては、下記のような投資信託が選択候補になります。

  • eMAXISSlim米国株式(S&P500)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

毎月の掛け金はいくらから?

投資信託は100円から購入する事ができます。

そのため最初は少額で始めて、慣れてから増やすことをおすすめします。

つみたてNISA・iDeCo口座を活用

インデックス投資をする時は、つみたてNISAの口座を優先して使うのがおすすめです。

つみたてNISAでは、投資信託で出た利益に対する税金が免除されます。

年間40万円が上限なので、まずはこちらの範囲で積み立て設定をすると計画が立てやすいです。

また老後資金に備えて、iDeCo(個人型確定拠出年金)の口座でのインデックス投資もおすすめです。

iDeCo(イデコ)のやり方解説。老後資金におすすめの運用方法

まとめ

インデックス投資は、投資初心者には最適な投資方法の一つです。

短期間で資産を数倍にするようなことはできませんが、長期的な資産形成には向いている投資手法です。

特につみたてNISAやiDeCo口座でインデックス投資をすることは、資産運用のスタンダードになってきています。

【株の始め方】初心者が最短で投資をマスターするためのロードマップ 【2021年版】インデックス投資の勉強におすすめの本7選