IPO抽選で年50万円の副収入。当選確率を上げる3つの方法

個人投資家のはるかぶ( @hal_kabu)です。

各証券会社では、IPO(新規上場企業)の抽選が行われています。

ほぼノーリスクで副収入を得られるため、多くの投資家が抽選に参加しています。

当選すると上場前の株を買う事ができ、数十万円以上の利益になる事もあります。

私自身も、年間で50万円以上の副収入を得る事ができています。

しかしそれだけに当選確率は低く、当選するにはコツが必要です。

IPO抽選(ブックビルディング)とは

IPOブックビルディングとは、新規上場(IPO)する企業の株を買うための抽選です。

大半の企業は、株式市場に上場すると株価が値上がりします。

そのため株券を持っている創業者は、上場することで大きな利益を手にします。

とは言え一般の投資家は、当然ながら上場前に株を買うことはできません。

しかし証券会社が実施する、IPOブックビルディング(抽選)に当選すれば上場前に株を買う事ができます

IPOブックビルディングで儲かる仕組み

上場前の企業の株券は、いくつかの証券会社に配られます。

そして「主幹事」になった証券会社は、「公募価格」を設定します。

もし抽選に当たった投資家は、公募価格で株を購入する事ができます。

仮に公募価格が20万円で設定され、上場時の株価が40万円になった場合は20万円の利益になります。

  • 購入価格:20万円(公募価格)
  • 売却価格:40万円(上場直後の株価)
  • 差引利益:20万円

株が上場した後、株価が上がるか下がるかは予想する事ができません。

しかし上場直後の株価(初値)で売れば、高確率で利益になります。

IPO抽選はどれ位儲かる?

IPO抽選に当選した場合の利益は、当選した企業により異なります。

人気がある企業だと、1回で数十万円~100万円以上の利益になる事もあります

また、数万円程度の利益にしかならない事もあります。

私の場合は年数回は当選しているので、毎年数十万円以上の利益は出ています。

IPO抽選のデメリット・リスク

IPO抽選はローリスクですが、完全にリスクが無い訳ではありません。

ただし注意すれば対策は可能です。

公募価格割れリスク

人気の無い銘柄は上場後の株価が公募価格より安くなり、逆に損する場合もあります。(「公募価格割れ」)

ただし公募価格割れする銘柄は、かなり不人気の企業だけです。

上場時の価格は、IPO価格の予想サイト等で予想されています。

公募割れするような企業は、事前に「かなり怪しい」と見込まれています。

少しでも公募割れリスクのある銘柄に申し込みしなければ、ほぼ避ける事ができます。

資金が拘束される

IPOの抽選に申し込む際は、その株を購入する分の金額を入金しておく必要があります。

そのため結果が出るまでの間は、そのお金を他の投資に使う事ができません。

そのためIPOのスケジュールを確認しながら、資金を複数の証券会社で移動させる手間が必要です。

IPO抽選の流れ

IPO抽選は以下の流れで行います。

証券会社に入金する

その株を購入できる分の金額を入金します。

抽選(ブックビルディング)に参加する

証券のWeb口座にログインし、IPO抽選の参加ボタンをクリックします。

抽選に参加できるのは、ブックビルディング期間として決まっています。

当選結果を見る

当選した場合、その証券会社で株を購入する事ができます。

株式公開日:購入した株を初値で売る

株式が上場する日に、購入した株を売ります。

「成り行き」で売り注文することで、上場した価格(初値)で株を売る事ができます。

基本的には、証券会社への入金・抽選ボタンを押す事の繰り返しになります。

資金移動が増えるので、各口座のお金を管理するアプリ(マネーフォワードMe)が必須になります。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

 

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

当選確率を上げる方法

メリットの大きいIPOブックビルディングですが、当選しないと意味がありません。

そこでIPO抽選の当選確率を上げるコツについて紹介します。

①複数の証券会社から申し込む

当選確率を上げる基本は、できるだけ複数の証券会社から申し込みすることです。

当たりの数(購入できる株券)は、複数の証券会社に振り分けられます。

当たりクジをたくさん持っている証券会社から申し込みすれば、当選確率がアップします。

②完全抽選制の証券会社を選ぶ

IPOの抽選ルールは、各証券会社で異なります。

実は公平に抽選しているのは一部で、大口のお金持ちが優遇される仕組みになっています。

特にネット証券以外の大手証券会社では、大口のお得意様に配ったりしています。

そのため、完全抽選制の証券会社を選ぶことで当選確率は高くなります

③穴場の証券会社を選ぶ

一番当選確率を上げるコツは、穴場の証券会社から申し込みすることです。

マイナーな証券会社は、当選枚数の割当が少ないためスルーする人が多いです。

しかし競争倍率が圧倒的に低いため、そちらの方が当選する事が多いです。

実際に私も、当選した大半は穴場の証券会社狙いです。

IPO抽選におすすめの証券会社

穴場・おすすめの証券会社

穴場の証券会社を紹介します。

特に穴場なのは、普段はIPO抽選をやっていないのにたまに実施する証券会社です。

予め口座を持っている人しか参加できないため、競争倍率がかなり低いです。

 

auカブコム証券

DMM 株

GMOクリック証券(GMO系列のIPOだけ取り扱う)

マネックス証券

松井証券

大手証券会社

大手証券会社はIPOの「主幹事」になる事が多く、当選枚数は多いです。

それだけに競争率が高く、ほとんど当選する事はありません。

しかし当選確率を少しでも上げるために、一通り口座だけ作っておいた方がよいと思います。

まとめ

IPOブックビルディングは、ローリスクに副収入を得られる手段です。

特にマイナーな証券会社から申し込みすることで、当選確率を上げる事ができます。

確かに時間と手間はかかりますが、下手に副業をするよりもリターンは大きいです。

上場企業にも詳しくなるので、初心者のうちから取り組んでおくメリットは大きいです。