ソフトバンクIPO公募割れで底値の目処・株価の見通しは?ホルダーはいつ売るべき?

ソフトバンクIPO株価は?売るべき?

2018年注目のIPO「ソフトバンク」は公募価格割れとなりました。

上場時の価格で購入した個人投資家は含み損を抱えた状態となっています。

ソフトバンクを売るべきか、現在の状況をまとめました

2018年に上場したソフトバンクとは

今回上場した「ソフトバンク」は、孫正義氏率いる「ソフトバンク グループ」の子会社です。

今回上場した「ソフトバンク」は、ソフトバンクグループの中における携帯電話等の通信事業を行う子会社になります。NTTドコモやKDDIとならぶ3大キャリアとして有名です。

ソフトバンクグループの企業は他に「Yahoo」や、アメリカの通信サービス「スプリント」等があります。

「ソフトバンク」は子会社とはいえ、超大規模の企業となります。

ソフトバンクの株価

本日のソフトバンクは特売り気配でスタートし、公募価格割れで寄り付いた後、その後更に株価は下落。最終的には-15%ものマイナス幅で安値引けとなりました。

ソフトバンク上場時の株価
公募:1,500円
初値:1,463円(-2%)
終値:1,282円(-15%)

証券会社のセールスが話題に

今回のソフトバンクIPOは、証券会社のセールス活動が話題になっていました。

大半のIPOは公募価格より株価が高くなるため、初値売りしても大きな利益を得られます。

そのためIPOは抽選倍率が高く、欲しくても手に入らないのが普通です。

しかしソフトバンクIPOについては、証券会社側から個人投資家に売り込みの電話がありました。

今回のソフトバンクIPOは競争どころかダブついており、証券会社の営業マンはノルマを達成するために必死だったようです。

ソフトバンクIPOのブックビルディング抽選は当選者多数

ソフトバンクIPOはブックビルディング抽選でも多くの投資家が当選していたようです。

それだけ倍率が低いことは、事前にリスクが高いと考える投資家が多かった事を示しています。

Twitterでも当選者を多く見かけましたが、公募割れのリスクが高いと考え辞退する人もいました。

IPOの予想サイトや個人投資家のブログでは「大きく下がらない」と予想する人もおり、そのまま購入した人も多かったようです。

ソフトバンクの配当利回り

ソフトバンクを購入した人の多くは、高配当利回りに期待した人が多数のようです。

ソフトバンクの配当配当性向85%と非常に高く設定されており、実際に配当利回りは5%を超えています。

一般的に配当利回りが5%を超えるのは高配当の部類に入ります。

ソフトバンク(9434)の配当の権利確定日はいつ?年何回?

ソフトバンクの配当の権利確定日は年2回、3月末(期末配当)と9月末(中間配当)となっています。