株の空売りとは?仕組みとやり方、リスクを分かりやすく解説

空売りとは「自分が保有していない株を売る」ことで利益を出す投資法です。

株価が下がった所で買い戻しすれば、空売りした時点との差額が自分の利益になります。

空売りは株価に対する影響が大きく、仕組みを知っておく事は非常に重要です。

本記事では空売りの仕組みややり方、リスクについて解説します。

空売り(ショート)の仕組み

空売りは、株価が下がることで利益を出す方法です。(「ショート」とも呼ばれます)

「空売り」注文をした後、株価が下がった位置で返済すればその差分が利益になります。

空売りは「信用取引」を使って注文します。

信用取引とは?

信用取引とは、証券会社に株を借りて売買を行う注文方法です。

株の注文には「現物取引」と「信用取引」の2種類の注文方法があり、空売りは「信用取引」で注文します。

信用取引では「自分が保有していない株」を証券会社に借りて売ることができます。

株価が下がった所で借りた株を返済すれば、その差分が自分の利益になります。

MEMO
  • 現物取引:実際に株を購入する
  • 信用取引:実際には株を買わない(証券会社に借りる)

空売りには信用口座の開設が必要

株の空売りをするためには、証券会社に信用口座の開設が必要になります。

信用口座は証券会社の口座を開設した後、各証券会社に追加で申し込むことで開設できます。

空売りの方法・やり方

実際に空売りをする方法は難しくありません。

証券会社から注文をする際に「現物注文」ではなく「信用」で売り注文を行うだけです。

空売り注文の買い戻し

空売りした注文を利益確定したい時には、「買い戻し」注文を行います。

空売り注文した時点より株価が下がっていれば、その差分が利益になります。

逆に株価が上がっていた場合は、その差分が自分の損失になります。

貸借銘柄とは?空売りできる銘柄・できない銘柄

空売りはできる銘柄と、できない銘柄が決まっています。

空売りが可能な銘柄は「貸借銘柄」として指定されています。

貸借銘柄は、東証一部上場の大型企業等が多い傾向があります。

上場したばかりの新興銘柄などは非貸借銘柄が多く、普通は空売りすることができません。

それらの銘柄を空売りする際には、一部の証券会社が提供している「ハイカラ」等のサービスを利用する必要があります

株のハイカラ、一日信用取引とは?「ハイカラ」とは?株の一日信用取引の仕組み、手数料を解説

空売りのメリット

空売りのメリットは、暴落時など株価が下落している局面でも利益を出せることです。

しかし「空売り」は、暴落時のトレード以外にも幅広く使われています。

特に「買い」と「空売り」を組み合わせた投資手法は数多く存在します。

最も使われるのは、株価が下がっても株主優待をノーリスクで取得する「優待クロス」です。

  • 株価が下がると利益が出る
  • 暴落時のリスクヘッジ
  • 優待クロス

空売りのデメリット

空売りのデメリットは、株価が高騰した時に大きな損失を出す可能性がある点です。

また信用取引では、証券会社に借りた株の「金利」を払う必要があります。

売買に期限がある事もあり、基本的に長期間の保有には適していません。

  • 損失額が限定されない
  • 金利を払う必要
  • 逆日歩(ぎゃくひぶ)が発生する可能性
  • 売買に期限がある

空売りのリスク

空売りの一番のリスクは、損失額が限定されないことです。

「買い」は株が暴落しても、購入した金額以上の損失は出ません。

100万円買った株が0円になっても、損失は最大100万円で済みます。

しかし空売りの場合、最大の損失額が限定されません。

そのため株価が暴騰する可能性のある、新興銘柄を空売りするのは非常に危険です。

MEMO

100万円で空売りした株が
2倍になった場合、200万円の損失
3倍になった場合、300万円の損失

踏み上げ、踏み上げ相場とは?

踏み上げとは、空売りされている銘柄の株価が上がることで発生します。

株価が上昇した場合、空売りしている投資家は慌てて買い戻しを行います。

さらに株価が上がり続ければ、損失に耐えられない投資家の買い戻しが続々と続きます。

この状態を「踏み上げ」「踏み上げ相場」と呼びます。

つまり空売りされている銘柄は、株価上がるためのエネルギーを蓄えている状態になっています。

空売りの勉強におすすめの本3選

空売りの勉強に役立つ、おすすめの本を紹介します。

世界一やさしい 株の信用取引の教科書 1年生

株の空売りをするためには、信用取引を行う必要があります。

空売りのテクニック以前に、まず信用取引の仕組みを理解する必要があります。

そこでまずは、本書のように信用取引に関する入門書から勉強する事をおすすめします。

上手に稼ぐカラ売りテクニック

空売りに関する入門書です。実際の空売りの売買方法や、必要となる基礎知識を学習することができます。

オニールの空売り練習帖

株の権威、ウイリアム・J・オニールによる空売りに関する本です。

株の空売りだけに限らず、株価の天井圏におけるチャートの動きなどを学習することができます。

まとめ

空売りは、株価の下落で利益を出すための方法です。

空売りをするためには、証券会社で信用口座を開設する必要があります。

空売りは株価の下落を狙ったトレードだけではなく、暴落対策のリスクヘッジ、優待クロス等にも使われます。

以上、空売りの仕組みとやり方についての解説でした。