日経平均CFDとは?先物との違い、株価・チャートはどこで見る?

GMOクリック証券CFDアプリ

「日経先物」「日経平均CFD」の違いについて解説します。

これらは、日経平均株価指数の動きに連動した値動きをする投資商品です。

「先物」と「CFD」は株と違い、夜間も売買することができます。

そのため株式市場が閉まった後(夜間・休日)は、「先物」か「CFD」の動きが注目されます。

本記事では先物とCFDの違いや使い方について、初心者にも分かりやすく解説します。

日経平均株価(日経225)とは?

日経平均株価(日経225)とは、日本を代表する企業225社の株価を元に算出された指数です。

この225社は日本経済新聞社が選定し、さらに独自の基準で日経平均株価を算出しています。

日経平均株価は国内での知名度が高く、日本市場全体の株価を表す指数としてよく使われます。

日経平均株価に投資する方法は?

日経平均株価の動きに連動する投資商品に投資する事ができます。

  • 日経225先物
  • 日経225CFD
  • 日経225オプション
  • ETF(日経225連動型上場投資信託)

この中でも特に夜間や祝日に話題になるのが、日経225先物と日経225CFDです。

日経225先物と日経225CFDの取引時間

日経225先物や日経225CFDは、夜間や祝日にも売買する事ができます。

株式市場は、平日の日中(9:00~15:00)しか取引ができません。

そのため夜間に日経平均株価の動きを知りたい時は、日経225先物かCFDを見る必要があります。

特に有名なのは日経225先物ですが、日経225CFDの方が取引可能な時間帯は幅広いです。

そのため日経225先物の取引外の時間帯や祝日には、日経225CFDが注目されます。

  • 日経225先物
  • 日経225CFD

日経225先物の取引時間

【日中】8:45~15:15
【夜間】16:30~翌5:30

日経225CFDの取引時間

8時半~翌朝6時(サマータイムは午前5時)

※CFDは日本の祝日にも取引することができます。

日経225先物(日経平均先物)とは

時価総額ランキング

日経225先物とは、日経平均株価(日経225)を対象とした投資商品です。

日経225先物の価格は、基本的に日経平均株価の動きに連動します。

日経225先物は、普通の株式売買とは異なるメリットがあります。

  • 日経平均株価の動きに直接投資ができる
  • 「買い」だけではなく「売り」で、日経平均の下落時に利益を出す事ができる
  • レバレッジが効く(少ない資金で、大きな金額の投資ができる)

日経225先物の口座は、株式口座とは別に作る必要があります。

日経225先物・オプション日経225先物ミニ・オプションにおすすめの証券口座比較レビュー

日経225先物について、初心者向けの本は下記の記事で紹介しています。

日経225先物おすすめの本日経225先物mini(ミニ)初心者におすすめの本ベスト5

日経225CFD(日経平均CFD)とは?

日経225CFDとは、日経平均株価指数に連動する投資商品です。

CFDでは、日経平均だけではなく米国株指数、原油・金等、幅広い商品に投資ができます。

CFDは先物と同様に「売り」ができるため、暴落時のリスクヘッジとして使うことができます。

さらに夜間・休日も売買できるため、海外市場の影響による急変にも対応できます。

日経225CFDも、株式口座とは別口座を作る必要があります。

暴落時に注目の「金」「原油」にCFDで投資する方法

日経225先物と日経225CFDのリアルタイム株価・チャートはどこで見る?

GMOクリック証券CFDアプリ

日経225先物、日経225CFDのリアルタイム株価を見る際には「世界の株価」というページがよく使われます。

夜間の海外市場の株価や、日経先物・CFDの株価を知りたい人に人気です。

しかし株価の推移やチャートを見る事ができないため、正直おすすめはできません。

詳細な情報を見るためには、やはり日経225CFDの専用アプリを使う事をおすすめします。

特にCFDの売買をしなくても、海外のリアルタイム株価チェックができるので情報量に大きな差が出ます。

暴落時に注目の「金」「原油」にCFDで投資する方法 米国株リアルタイム株価・チャートアプリ【米国株】リアルタイム株価・チャート確認用おすすめアプリ

まとめ

株式市場の時間外である夜間には、先物やCFDの動きが注目されます。

特にCFDを使えば、夜間暴落時のリスクヘッジにも対応することができます。

またリアルタイムで株価をチェックする際には「世界の株価」というページが人気です。

しかし日経CFDや海外市場の株価、チャートをチェックする際には専用のアプリを使う方が便利です。

暴落時に注目の「金」「原油」にCFDで投資する方法 VIX指数(恐怖指数)とは?暴落対策と投資法を解説