ワンタップバイは不要!手数料等デメリットが目立つ【口コミ・評判】

「ワンタップバイ」は、スマホで簡単に株の売買ができるサービスです。

投資初心者には便利なサービスかと思いましたが、実際に使ってみるとイマイチな面が多く見つかりました。

現在はもっといいサービスが増えており、現時点では選ぶ必要性は無いと感じました。

特に今では後発のSBI「ネオモバ」の方が圧倒的に使えるため、利用価値を感じられません。

以下、体験レビューを紹介します。

One Tap Buy(ワンタップバイ)とは?

ワンタップバイとは、「スマホ専用」の証券会社です。

スマホ用の専用アプリからメニューを選ぶだけで、簡単に株を売買することができる点がメリットです。

確かに、ワンタップバイのスタート時は「スマホで簡単」が売りになりました。

しかし現在ではこのようなサービスは当たり前になっています。

ワンタップバイの3つのメリット

ワンタップバイのメリットは、下記の3点です。

  1. 1,000円から投資ができる
  2. スマホアプリで簡単投資
  3. 米国株にも投資ができる

1,000円から投資できる

ワンタップバイは、最低単位で「1,000円」から投資を始めることができます。

初心者がいきなり大金を投資すると、大きな損失を出してしまう可能性があります。

しかし1,000円程度であれば、仮に株価が大暴落しても数百円の損失ですみます。

確かに少額投資できるのは大きなメリットですが、「ネオモバ」であれば500円以下で株が購入できます。

ポイント投資

スマホアプリで簡単投資

ワンタップバイは専用のスマホアプリが提供されています。

メニューから選ぶだけの簡単操作で株を売買できます。

しかしこれは「ネオモバ」でもスマホで簡単に売買することができます。

しかもネオモバの方が新しいサービスのため、アプリの出来でもワンタップバイは少し古い印象です。

米国株に投資ができる

ワンタップバイの一番のメリットは、日本株だけではなく「米国株」にも投資できる点です。

米国株は長期的に右肩上がりの成長をし続け、日本株に比べ圧倒的に魅力的な投資先です。

アマゾン・アップル等の株を買って、資産が数年で何倍にも増加した人もいます。

しかし米国個別株への投資が魅力的なのは確かですが、普通の証券会社での購入がおすすめです。

なぜなら普通の証券会社とワンタップバイでは、注文方法がほぼ変わらないからです。

米国株は日本株のように複雑な注文方法が無いので「銘柄を選んで、価格と株数を入力するだけ」なのは、普通の証券会社でも同じです。

また米国株は、普通の証券会社でも少額(1株単位)で購入することができます。

ワンタップバイのデメリット

ワンタップバイのデメリットについても記載します。

取り扱い銘柄が限定されている

ワンタップバイは、全ての銘柄の売買はできません

銘柄数が少ないので、結局はすぐ証券会社に口座を作る必要があります。

手数料が高い

ワンタップバイは普通の証券会社に比べると、手数料が割高です。

特に米国株に投資するのであれば、売買手数料無料のDMM株の方がおすすめです。

※DMM株も、スマホで簡単に売買できるアプリが用意されています。

>>ついに米国株手数料が無料化!DMM株レビュー【口コミ・評判】

まとめ

ワンタップバイは、スマホで簡単に株の売買ができるサービスとして一時期は人気になりました。

しかし現在では後発のSBI「ネオモバ」の方が優秀なため、今から選ぶ必要は無さそうです。

また米国株の投資についても、現時点では売買手数料無料の「DMM株」を使う方がおすすめです。

以上、ワンタップバイの体験レビューでした。

SBIネオモバ 公式ページを見る
ポイント投資「ネオモバ」レビュー。500円で株が買えるので練習に最適 ついに米国株手数料が無料化!DMM株レビュー【口コミ・評判】