【2018年】年間投資成績+163%達成。利益額上位5銘柄の解説

2018年の年間パフォーマンスは、年初来+163%となりました。

今年は暴落がありましたが、暴落対策の手段を持っていたため逆に大きな利益を得る事ができました。

2018年末の暴落で取った対策と今年利益が出た銘柄ベスト5をまとめました。

2018年利益の出た個別銘柄 ベスト5

2018年に大きな利益の出た個別銘柄ベスト5は下記の銘柄でした(金額ベース)。

チャート上の矢印は、最初の買いを入れた位置(赤色)と、最後に売り切った位置(緑色)です。(他の位置でも売買しているので、目安程度にお考えください)

5位 オイシックス・ラ・大地

オイラ大地

オイラ大地は10月初旬に上手く利確できた!と思ったのですが、そこから高値を更新しました。

4位 アルファポリス

アルファポリス

アルファポリスについては、金額的に大きく買っていたため意外にも利益額は大きかったようです。

3位 JMC

結論:今年はJMCだけ持っていればよかった年でした。

2位 UUUM

UUUMにはかなり自信がありました。10月初旬に大きな売りが出たため慌てて利確しましたが、その後高値を取ってきました。早売りだったかもしれません。

1位 オロ

この銘柄は今年一番の自信がありました。場中決算発表でしたが、決算を見た瞬間全力買いしました。

信用を使いレバを掛けて買ったので、金額的にも大きな利益となりました。

これら5銘柄以外で大きく利益の出た銘柄は、ホロン、ペパボ、オプトエレクトロニクス等です。