【2019年】おすすめのロボアドバイザー比較

ロボアドバイザー。WealthNavi、THEO比較

資産運用を始める際、「具体的に、何をどう買えばいいのか分からない」と悩む人は多いのではないでしょうか。

そこで今、投資・資産管理をロボット(AI)が行う「ロボアドバイザー」というサービスが人気です。

しかし、ロボアドバイザーにリスクやデメリットが無いのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで投資歴15年以上の私が、ロボアドバイザーのメリット・デメリットの実態について紹介します。

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは資産運用の提案や管理をしてくれるサービスです。

定番の商品としてウェルスナビTHEO(テオ)というサービスが有名です。

通常資産運用を行う際には、投資商品(株や投資信託等)を自分で探し証券会社等で購入する必要があります。

ロボアドバイザーを使えば、これらの投資商品を自動的に選んで貰える上、アプリで簡単に購入・管理することができます。

1万円から投資できることもあり、投資初心者に人気のサービスとなっています。

投資信託とは?

投資信託とは、運用会社が投資家から預かった資金を元に株などの投資で運用する仕組みです。

自分で株の売買をするのは運用も大変な上、投資先企業の倒産等のリスクがあります。

しかし投資信託は運用会社が代わりに運用してくれるため、誰でも簡単かつ安全に資産運用する事ができます。

個人が資産運用する際には、投資信託が最も基本的な選択肢となります。

ロボアドバイザーのメリットは?

ロボアドバイザーのメリットは下記の4点です。

  1. 何を買うかを考えてくれる
  2. 資産配分を考えてくれる
  3. 簡単に購入ができる
  4. 資産管理をしてくれる

資産運用をする際にはリスクを軽減するため、複数の投資対象に資金を分散する事が基本となります。

投資信託だけでも多くの種類があり、何をどれだけ買うか考えながら資産管理する必要があります。

投資を始めたばかりの初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

これらを全て簡単にできるのは、初心者にはとって大きなメリットです。

ロボアドバイザーのデメリットは?

ロボアドバイザーのデメリットは下記の1点です。

  1. 自分で運用するよりも手数料が高い

ロボアドバイザーは手数料は高い?

ロボアドバイザーのデメリットは、自分で資産運用するよりも手数料が高いことです。

自分で投資商品を選び売買すれば、当然ながらロボアドバイザーの手数料分のコストを節約することができます。

そのため自分で資産管理ができる投資上級者には、ロボアドバイザーを利用するメリットはありません。

ロボアドバイザーから始め、段階的に移行する方法

ロボアドバイザーの手数料が高い点は事実です。ネット掲示板等でも、手数料が高い点を批判する書き込みが目立ちます。

確かに自分で投資商品を選び、資産運用ができる人にとっては無駄な手数料と言えるでしょう。

しかし全くの投資初心者が資産運用ができるレベルになるには、経験上かなり勉強しても1~2年は必要です。その間、投資を始めた人との差は開く一方です。

ロボアドバイザーは確かにコストはかかりますが、初心者がすぐスタートできるという点でそれ以上のメリットがあります。

またロボアドバイザーを数年続けていれば、その間に投資に関する知識がついてきます。

自分で資産運用するのはその後からでも遅くはないでしょう。手数料も数年程度であれば大きな差になりません。

何より重要なのは、少額でもいいので実際に投資を早くスタートすることです。

いかに早い年齢で資産運用をスタートできるかどうかが、老後の資産形成に大きな差となって出てきます。

おすすめのロボットアドバイザー

おすすめのロボットアドバイザーについて紹介します。

ロボアドバイザーは複数の会社がサービスを提供しています。サービス毎の細かい差を比較して、どれにするか悩んでいる人も多いようです。

しかしマイナーなサービスを利用するとネット上に情報が少ないため、後々分からない事が出てきても対応ができません。

そこで情報量が多く、実績も豊富な定番のウェルスナビ、THEO(テオ)の2社を利用することをおすすめします。

①WealthNavi(ウェルスナビ)

WealthNavi
ウェルスナビロボアドバイザーで最も定番のサービスです。

テレビCMもしているため、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

利用者数は業界1位となっており、安心して利用できる点は大きなメリットです。

ロボアドバイザーを始める際には、まずこちらを選んでおけば間違いないでしょう。

  • ユーザー数 業界No.1
  • 利用者が多く実績が豊富
  • 10万円から投資可能
  • 各種銀行や大手証券会社とも提携

WealthNavi公式ページ

②THEO(テオ)

THEO(テオ)もウエルスナビと並び、定番のロボアドバイザーです。

特色としては、1万円から投資が可能な点です。

少額でロボアドバイザーを試してみたい人には最適です。ウェルスナビと平行して運用しても大きな負担になりません。

THEOもNTTdocomo等の大手企業と提携しており、安心して利用することができます。

  • 1万円から投資可能
  • NTTdocomoやJAL等の大手企業と提携

THEO(テオ)公式ページを見る

ウェルスナビとテオの比較。どちらがおすすめ?

ウェルスナビとTHEO(テオ)では、個人の資金量や使い方によって良し悪しが異なります。

そのため、どちらが良いかは実際に使ってみないと判断できない面があります。

そこで2社両方の口座を作り、最小の金額で数ヶ月使って比較する方法がオススメです。

2社比較することで、投資の学習スピードが向上する点もメリットです。

まとめ

ロボアドバイザーは必要というデメリットがあります。しかし資産運用は始めるのが早いほど有利です。

簡単に投資を始められるロボアドバイザーは初心者にとってメリットは大きいと言えます。

ロボアドバイザーには様々なサービスがありますが、定番のウェルスナビとTHEO(テオ)の2社があれば問題ありません。

まずはウェルスナビとTHEO(テオ)2社の口座で、少額の資金で比較することをおすすめします。

ポイント投資は初心者に最適!ローリスクな資産運用の始め方