株のスクリーニングにおすすめのアプリ・ツール8選

株のスクリーニングにおすすめのアプリやサイトを紹介します。

スクリーニングとは、条件を設定することで該当する銘柄の検索・絞り込みができる機能です。

スクリーニングを使うことで、短時間で効率的に銘柄を探す事ができます。

スクリーニングは、各証券会社や投資サイトが提供するアプリ・ツールで利用できます。

本記事では、おすすめのアプリやツールを厳選して紹介します。

四季報オンライン

投資家のバイブル「四季報」のWEB版、「四季報オンライン」にもスクリーニング機能があります。

四季報の強みは、四季報を発行する「東洋経済新報社」が独自に予想した業績予想が記載されている点です。

四季報の独自予想は株価に大きな影響を与えるため、把握しておく事は非常に重要です。

四季報オンラインを使えば、この独自予想についてもスクリーニングが可能です。

四季報オンラインは有料ですが、紙の四季報を全部読むよりも効率的に銘柄を探す事ができます。

四季報オンライン・四季報アプリ四季報オンラインと本はどちらがおすすめ?メリット・デメリット比較

四季報CD-ROM

スクリーニング機能で最強のツールは四季報CD-ROMです。

四季報CD-ROMは、あらゆる項目でスクリーニングをする事ができます。

株主情報や理論株価、テクニカル条件等も豊富な上、自分で計算式を作る事も可能です。

初心者には少し難しいですが、予めスクリーニング条件のテンプレートが大量に用意されています。

これらを使うだけでも、かなり高度なスクリーニングができるようになります。

株の銘柄探しに「四季報CD-ROM」が役立つ4つの理由

株マップ.com

WEBサイト 株マップ.comには、複数のスクリーニング機能が用意されています。

ただし詳細なスクリーニング機能を使う場合は、有料会員(月額1,800円)になる必要があります。

無料の範囲では正直機能不足なので、証券会社のツールを使う方がよさそうです。

トレーダーズウェブ

トレーダーズ・ウェブスクリーニング

トレーダーズウェブのスクリーニング機能は、スクリーニング項目を設定して検索するだけのシンプルな内容となっています。

PER・PBR等の指標だけではなく、テクニカルでのスクリーニングも可能です。

SBI証券 スクリーニング

SBI証券のスクリーニングは、基本的な指標についての項目が網羅されています。

ただしスクリーニング用の項目が大量に並んでいるので、初心者には難しく感じる可能性が高いです。

楽天証券 スーパースクリーナー

楽天証券のスクリーニングはシンプルな機能となっています。

最低限のスクリーニング項目は用意されていますが、特筆する程の機能はありません。

一般信用銘柄の検索ができるので、楽天証券で株主優待クロスできる銘柄を探す際には便利です。

マネックス証券 銘柄スカウター

マネックス証券はスクリーニングだけではなく、銘柄分析が充実しています。

直近の業績(四半期決算)だけではなく、過去10年間の業績についてスクリーニングする事ができます。

また投資アナリストの予想等についてもスクリーニングする事ができます。

さらに「銘柄スカウター」という機能で、企業の業績の推移等をグラフで見る事ができます。

GMOクリック証券 銘柄スクリーニング+かんたん銘柄診断

GMOクリック証券は、株価の「割安度」でスクリーニングする事ができます。

銘柄の割安度を算出するのは難しいですが、このツールを使えば初心者でも簡単に銘柄を探す事ができます。

さらにGMOクリック証券は「銘柄分析ツール」が提供されており、銘柄の分析まで一括で行う事ができます。

無料ツールを使って効率的に銘柄を探したい人には、最もおすすめです。

gmoクリック証券理論株価で簡単分析!GMOクリック証券の無料ツールが優秀すぎる件

まとめ

スクリーニング機能を使うことで、効率的に銘柄を探す事ができます。

単純なスクリーニング機能であれば、四季報CD-ROMが最も強力です。

無料で利用したい場合には、証券会社のツールを使うのがおすすめです。

特に無料で銘柄分析ができる、マネックス証券GMOクリック証券がおすすめです。

gmoクリック証券理論株価で簡単分析!GMOクリック証券の無料ツールが優秀すぎる件 株の銘柄探しに「四季報CD-ROM」が役立つ4つの理由 株の情報サイトランキング。投資初心者におすすめの情報源は?