【レビュー】LPNストレッチポールで首・肩こり対策。マッサージが不要に!

肩こりやストレートネックには、「ストレッチポール」の効果が絶大です。

ストレッチポールがあれば、一人で首や背中・肩甲骨のストレッチ・マッサージができます。

私も以前は重度の肩こりで、頭痛薬とマッサージ通いにお金を使い続けてました。

しかしストレッチポールを買ってからは、一度もマッサージのお世話になっていません。

本記事では、皆さんにもおすすめしたい「ストレッチポール」のレビューを紹介します。

ストレッチポールとは?

ストレッチポールとは、ストレッチやトレーニングで使われている棒状の製品です。

円柱形をしており、かなり硬めのクッション素材でできています。

スポーツ店等ではあまり見かけませんが、Amazonや楽天等の通販で買うことができます。

ストレッチポールの使い方

ストレッチポールの使い方は簡単です。

基本的にはストレッチポールを床に置いて、その上で仰向けに寝転ぶだけです。

その状態で両腕を広げたり、腕を上げるとさらにマッサージ効果が高まります。

背中だけではなく、首や足、腰のマッサージにも使えます。

ストレッチポールが肩こりに効く理由

ストレッチポールには、ストレッチとマッサージの2つの効果があります。

ストレッチポールは、実際に使ってみるとかなりの硬さがあります。(バスケットボールがイメージに近いと思います)

その上に寝転がれば体重がかかり、少し痛い位のマッサージ効果があります。

またその状態で手を広げると肩~背中の肩甲骨(けんこうこつ)を伸ばし、ストレッチをすることができます。

ストレッチポールで筋膜リリース

ストレッチポールを使うと、一人で「筋膜リリース」ができます

筋膜リリースとは筋膜(筋肉の周りの膜)を伸ばし、ねじれ・よじれを直す方法です。

スマホやパソコンをよく使う人は、首~肩甲骨(けんこうこつ)のあたりが凝っている人が多いのではないでしょうか。

ストレッチポールの上に寝転がって腕を広げたり上に伸ばすと、ちょうどそのあたりの筋膜リリースを一人ですることができます。

普通一人ではできない動作ですが、ストレッチポールがあれば簡単にできます。

ストレッチポールは首のこり・ストレートネックにも効果

ストレッチポールは、首のこり・ストレートネックにも効果があります。

スマホの使いすぎで首が凝っている人は、ストレートネックになっている可能性があります。

ストレートネックには、首にテニスボール等の硬い物を押し付けて指圧するのが効果的です。

しかしテニスボールだと小さいため、一人では上手く首に押し付けることができません。

ストレッチポールだと首の下に枕にして(横向きに敷いて)寝るだけで、一人で首を指圧することができます。

ストレッチポールダイエット・トレーニング

ストレッチポールは、ダイエット・トレーニングにも役立ちます。

ストレッチポールはダンベル用ベンチや、バランスボールの代わりとして使うことができます。

しかもベンチやバランスボールより場所を取らないため、部屋が狭くなりません。

ストレッチポールで腰痛・ふくらはぎマッサージ

ストレッチポールはマッサージにもおすすめです。

使い方は簡単で、腰やふくらはぎの下に敷いたりゴロゴロ転がすだけです。

下手なマッサージ機より効果があります。

ストレッチポールは邪魔になる?

ストレッチポールを購入する前に心配したのは、保管スペースです。

しかしストレッチポールは立てて置く事ができるため、ほとんどスペースは必要ありません

重さも非常に軽く片手で持てるので、掃除の時にも邪魔になりません。

おすすめのストレッチポール

ストレッチポールは高価なものから、安いものまで色々な製品があります。

安い製品でもそれなりの効果はありますが、柔らかかったりへたりやすいという口コミも多いです。

定番は「LPN」というメーカーの製品で、悩んだらLPN製を買っておけば間違いありません。

LPN製は耐久性が高く、長年へたらずに使うことができます。

そのためスポーツジムでは、必ずと言っていいほどLPNが使われています。

ハーフサイズのストレッチポール

ストレッチポールには、半分に切ったハーフサイズの製品があります。

ハーフサイズの製品は、カマボコのような形になっています。

お年寄りの方等、ストレッチポールの上で寝た時に「転がって危ない」と思う人は、こちらを選ぶとよいでしょう。

まとめ

ストレッチポールは肩こりやストレートネック改善に非常に効果があります。

トレーニングやダイエットにも使える上、立てかけると邪魔になりません。

下手なマッサージ器具を買うよりも効果があり、コスパも高くおすすめです。

以上、ストレッチポールの口コミレビューでした。