米国株におすすめの証券会社は?手数料・メリット比較レビュー

おすすめ米国株証券会社

米国株用のおすすめ証券会社を紹介します。

米国株の売買は、日本株に比べて難しい印象のある方も多いのではないでしょうか。

しかし今は各証券会社が米国株に力を入れてきたことで、投資初心者にも簡単に売買できる環境が整っています

とは言え米国株用の証券会社の選択肢は、日本株に比べ限られているのが事実です。

そこで米国株のトレード歴15年以上の私が、手数料やアプリの使いやすさ等を比較し、おすすめの証券会社をランキング形式で紹介します。

1位:マネックス証券

マネックス証券米国株

マネックス証券は外国株、特に米国株に力を入れている証券会社です。

取扱い銘柄数は、ネット証券では最多の3,300銘柄となっています。

また米国株用のアプリや投資レポートの情報も充実しています。

米国株を始めたい人には、現時点で最もおすすめの証券会社です。

  • スマホアプリ(トレードステーション)が使える
  • 取扱銘柄数:3,300銘柄と最多
  • 豊富な投資レポート
  • 為替手数料が無料
  • 24時間取引可能
  • 米国株ETFの売買手数料が実質無料
  • 売買手数料:約定代金の0.45%(最低手数料:無料)

マネックス証券のメリット

マネックス証券のメリットは、ツールや投資レポート等の環境が充実している点です。

特に米国株が売買できるスマホアプリが提供されている点は大きなメリットです。(楽天証券やSBI証券には専用のスマホアプリがありません)

また、米国株に関する情報誌「バロンズ」の日本語版「バロンズ拾い読み」等のレポートを無料で読むことができます。

マネックス証券のデメリット

マネックス証券のデメリットは、日本株の手数料が高い点です。

そのため日本株も頻繁に売買する人は、GMOクリック証券のように手数料が安い証券会社も併せて開設した方がよいでしょう。

しかし米国株の手数料は、マネックス証券は最安レベルとなっています。(楽天証券・SBI証券と同じ金額です)

同じ手数料を払うのであれば、ツールや情報の充実したマネックス証券を利用することをおすすめします。

マネックス証券では現在、上限3万円までの手数料が全額キャッシュバックされるキャンペーン中です。

マネックス証券 公式サイト

2位:楽天証券

楽天証券は日本株や投資信託の売買において特に人気の証券会社です。

ここ数年米国株にも力を入れ始め、取扱銘柄数も1,700銘柄と充実しています。

  • 取扱銘柄数:1,700銘柄
  • PC用アプリはマーケットスピードが利用可能
  • 取引手数料の1%を楽天ポイントで還元
  • 楽天銀行と連携して、取引手数料1%を楽天ポイントで還元
  • 売買手数料:約定代金の0.45%(最低手数料:無料)

楽天証券のメリット

楽天証券のメリットとして個人的におすすめ点、米国企業の情報を日本語で見ることができる点です。

また業績の推移をグラフで見たり、競合他社との比較もできます。

この企業情報を見るために、楽天証券の口座だけ作っておいても損はありません。

楽天証券のデメリット

楽天証券のデメリットは、米国株用のスマホアプリが提供されていない点です。

ただしPC用のアプリは日本株でも定番のマーケットスピードを利用することができます。そのため、PCからの注文に困ることはありません。

また楽天証券は投資信託の購入などで楽天ポイントを貯めることもできるので、開設しておいて損の無い証券会社です。

楽天証券の楽天カードポイント投資株・投信積立でポイントが貯まる!楽天カードが投資家必須の理由

楽天証券 公式サイト

3位:SBI証券

SBI証券は日本株では個人投資家に最も人気の証券会社ですが、米国株も多く取り扱っています。

  • 取扱銘柄数:1,000銘柄
  • 貸株サービスで毎月金利を貰える(0.01%~2%程度)(大半の銘柄は0.01%)
  • 住信SBI銀行と手数料無料で外貨の入出金ができる
  • 売買手数料:約定代金の0.45%(最低手数料:無料)

SBI証券のメリット

SBI証券の特色は、米国株の貸株サービスが利用できる点です。

貸株金利は銘柄により異なりますが、ほとんどの銘柄は0.01%です。

ただし金利は低いため、これを目的に口座を開設するほどではありません。

SBI証券のデメリット

SBI証券は、アプリ・PC共に米国株用のアプリがありません。

ブラウザでWEB画面でログインし、注文する形になります。

またSBI証券は取扱銘柄数が1,000銘柄とマネックスの3,300銘柄に比べ少ないのはデメリットです。

すでに住信SBI銀行やSBI証券を利用している人には便利ですが、新規で口座を作るのであればマネックス証券の方がおすすめです。

SBI証券公式サイト

まとめ

米国株を取り扱う証券会社では、マネックス証券楽天証券SBI証券が候補になります。

売買手数料は競争が激しく、各社横並びの状況となっています。

そのため取扱銘柄数の多さ、ツールの使いやすさを考慮すると、現時点ではマネックス証券が最もおすすめになります。

マネックス証券 公式サイト

日本株のおすすめ証券会社は、下記記事で紹介しています。

【口コミ】株初心者におすすめの口座は?証券会社比較レビュー