投資日記

損切り・ロスカットとは?損切り貧乏を防ぐ方法

損切りとは

株やFX、仮想通貨等のトレードでは「損切り」のテクニックが極めて重要です。

しかし損切りを行うのは実際には難しく、損失を抱えたまま「塩漬け」にする人も少なくありません。

また投資歴の長い人でも、頻繁に損切りを繰り返す「損切り貧乏」になることがあります。

本記事では、損切りの方法や資金管理ルールの考え方について解説します。

損切りとは?

損切りとは保有している株価等が下落した際、損失額が広がらないように一定の所で売却する手法です。

「ロスカット」とも呼ばれ、FX等では一定の損失率に達すると証券会社に強制的に売却される場合があります。

損切りは必要?

トレードを行う上で、損切りは必須の技術になります。

損切りをしない場合、総資産に対する損失額のコントロールができません。

最終的には損失額が許容量をオーバーし、暴落時に投げ売りしてしまう可能性もあります。

損切りをしても利益が出る理由

損切りをすると、当然ながら資金は減少します。そこで、損切りをしても利益が出るための資金管理の手法が必要になります。

その中でも基本になるのは、「損小利大」という考え方です。

トレードの勝率を100%にする事は不可能なため、損失が出るトレードは必ず発生します。

しかし利益が出ているトレードを大きく伸ばし損失を小さいうちに損切りすれば、リターンは損失額を上回ります

言われてみれば当たり前の事ですが、実際に実践するのは難しい面があります。

初心者が損切りできない理由

投資の初心者には、損切りができない人が多数存在します。

一般的に「損失が出ている物は持ち続け、利益が出た物はすぐに売ってしまう」傾向があります。

それどころか、ナンピン(損失が出ている物を買い増し)する人も多く見かけます。

これは「損失を伸ばして利益を小さくする」という、損するための仕組みを実践していることになります。

損切りができない理由として、下記の理由が挙げられます。

  • 損失を確定させたくない
  • ある程度、買値まで戻って来てから売りたい
  • 他人の真似をして買ったため、自分で判断ができない

「下値が限られている」と考える根拠がある場合はともかく、自分の心理的な理由で損切りを先延ばしにするのは危険な行為と言えます。

損切り貧乏とは?経験者も陥りやすい罠

損切り貧乏とは、損切りを繰り返し資産を減少させる人のことを呼びます。

これは完全な初心者より、ある程度の投資経験者が陥る事が多い事象です。

投資経験者は、買った株等が少し下がっただけですぐ売ってしまう傾向があります。

これにはいくつかの要因がありますが、過去の経験による潜在的な恐怖心が大きいと考えています。

  • 市場の暴落に対する恐怖心
  • 株価の高い所で買った後、窓埋めしてしまう恐怖心

その結果損切りの頻度が高くなり、トータルで資金を減らしてしまう事があります。

この問題は損切りできない初心者同様、トレードルールではなく、その場の雰囲気や心理によって売買していることを改善する必要があります。

損切りはその場の雰囲気や感情で行うのではなく、事前にルールを作った上で実践することが重要です。

損切りラインは何パーセントが目安?

損切りラインとは、あらかじめ決めておいた所まで損失が出た際に損切りする地点のことです。

損切りラインを設定するためには、様々な手法があります。

  • 自分の買値からの損失率
  • 自分の総資金に対する1トレードの損失率
  • テクニカルによる判断(タートルズのATR等)

簡単かつ実戦向きなのは、買値からの損失が○%を超えたら損切りするという方法です。

中でも有名なのは、ウイリアム・オニールの著書「オニールの成長株発掘法」で書かれたルールです。

マイナス7~8%で損切り、プラス20~25%で一部利益確定するという手法は感覚的にも分かりやすい方法です。

損切りルールを守るために

損切りのルールを作っても、難しいのは実際にそれを守ることです。

そこで活用したいのが、無料で使えるスマホアプリ「マイトレード」です。

マイトレードでは、自分で設定した損切りラインに達するとアプリが通知してくれます。

これにより損切りを先延ばしにしたり、すぐに売ってしまう事を防ぐことができます。

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

Tecotec Inc無料posted withアプリーチ

まとめ

投資を行う上で、損切りと資金管理のテクニックは重要です。

しかし損切りのルールを決めても、そのルールを守ることは非常に難しい面があります。

その際には、損切りラインを通知してくれる「マイトレード」が有効です。

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

Tecotec Inc無料posted withアプリーチ

また資金管理を勉強する上で、参考になった本は下記記事で紹介しています。

株・投資の資金管理におすすめの本
「資金管理」の方法が分かる!おすすめ投資本7選(株・FX・仮想通貨)投資において最も大事なのは「資金管理」です。 しかし資金管理の重要性を知りつつも、具体的な方法が分からない人も多いのではないでしょうか...