旅行・飛行機代を節約する方法 | 早割・株主優待・LCC比較

ANA・JAL飛行機株主優待

飛行機代を節約するための方法を比較しました。

株主優待やLCC、ANA・JALの各種割引サービスと比較し、どの方法が安くなるかを紹介します。

飛行機代を安くする方法

飛行機代を安くするためには、下記3つの方法があります。

  1. 早期予約割引の利用
  2. 株主優待の利用
  3. LCCの利用

実際にどの方法が安くなるのか、順番に説明します。

①早期予約割引の利用(ANA・JAL)

ANA・JAL共に、早期予約することで割引になるサービスが提供されています。

それぞれ乗車日から数週間前に予約することで、一定額の割引が適用されます。

しかしANA・JALの乗車券は高いので、割引が適用されてもかなり高価になります。

ANA SUPER VALUE(旧:特割)

ANA SUPER VALUE とは、搭乗の21~75日前までに予約することで割引になるANAのサービスです。

できるだけ早い時期に予約することで割引率が高くなります。

予約日は21日・28日・45日・55日・75日前と段階的に設定されています。

JAL ウルトラ先得・スーパー先得・先得割引

JALの「先得サービス」とは、搭乗の28~75日前までに予約することで割引になるJALのサービスです。

予約時期に応じて、下記の名称がつけられています。

  • ウルトラ先得:75日前
  • スーパー先得:55日前
  • 先得割引タイプB:45日前
  • 先得割引タイプA:28日前

②ANA・JAL株主優待券の利用

ANAJAL早期割引

ANA・JALの株主優待券を使うことで、国内運賃約が50%割引になります。

50%割引というと聞こえはいいですが、「通常運賃」に対しての割引額になります。

各航空会社の早期割引サービスに対する金額からは割引されません。

そのため株主優待券を使って安くなるのは、下記のようなケースに限られます。

お盆やゴールデンウィーク等の繁忙期

株主優待券は、ゴールデンウィーク等の繁忙期にも利用することができます。

繁忙期は各航空会社の割引サービスが利用できません。

そのため、繁忙期は株主優待券を使う方が安くなるケースが多いです。

当日や直前の出発時

当日や直前で飛行機を利用する際には、各航空会社の割引サービスが使えません。

そのため、出発直前の場合は株主優待券を使う方が安いケースがあります。

なお株主優待券を使って予約した場合は、予約の変更が可能です。

ANA・JAL株主優待券の入手方法

ANA・JALの株主優待券は、金券ショップやネットオークションで購入が可能です。

5,000円~6,000円前後が多く、利用期限が近い物は安く売られています。

③LCCの利用

LCCとは、ピーチやジェットスター社を代表とした格安航空会社のサービスです。

発着する空港や飛行機の本数は少ないですが、価格面で見ると最も安い手段となります。

特にLCC各社は頻繁にセールを実施しており、セール期間中は圧倒的な安さになります

LCC(格安航空会社)
  • ジェットスター
  • Peach
  • スカイマーク
  • バニラエア

株主優待の使えるLCCは?

残念ながら、株主優待の使えるLCCはありません。

しかしLCCは元々の金額が非常に安い上、セール期間の安さは破格です。

セール期間はLCC各社で異なるため、ソラハピ等の比較サイトで価格を比べることをおすすめします。

まとめ

飛行機代について、通常は以下の順で安く利用することができます。

  1. LCCの利用(セール期間)
  2. LCCの利用(通常料金)
  3. ANA・JAL(株主優待券の利用)
  4. ANA・JAL(早割の利用)
  5. ANA・JAL(通常料金)

株主優待券は「通常料金」に対しての割引のため、実際にはそれ程安くなりません。

そのため通常は、LCCが圧倒的に安いケースが大半です。

またLCCはセール期間中、とんでもない割引率になることがあります。

どのLCCが安いか、「ソラハピ」等の比較サイトで最安値をチェックすることをおすすめします。

LCC比較サイト(ソラハピ)