株主優待

【2019年】旅行・飛行機代を節約する方法 | 早割・株主優待・LCC比較

飛行機代を節約するための方法を比較しました。

株主優待やLCC、ANA・JALの各種割引サービスと比較し、どの方法が安くなるか紹介します。

ANA・JAL株主優待券の利用

ANA・JALの株主優待券を使うことで、国内運賃約が50%割引になります。

ただし50%割引されるのは、「通常運賃」の金額に対してです。

各航空会社の早期割引サービスに対する金額からは割引されません。

そのため、通常料金の50%の金額と、各割引サービスの金額を比較する必要があります。

ANA・JALの早期購入割引サービス

ANA・JAL各社共に、航空券を事前予約することで割引されるサービスが提供されています。

ANA SUPER VALUE(旧:特割)

ANA SUPER VALUE とは、搭乗の21~75日前までに予約することで割引になるANAのサービスです。

できるだけ早い時期に予約することで割引率が高くなります。

予約日は21日・28日・45日・55日・75日前と段階的に設定されています。

JAL ウルトラ先得・スーパー先得・先得割引

JALの「先得サービス」とは、搭乗の28~75日前までに予約することで割引になるJALのサービスです。

予約時期に応じて、下記の名称がつけられています。

  • ウルトラ先得:75日前
  • スーパー先得:55日前
  • 先得割引タイプB:45日前
  • 先得割引タイプA:28日前

株主優待券の利用で安く利用できるケース

ANAJAL早期割引

お盆やゴールデンウィーク等の繁忙期

株主優待券はゴールデンウィーク等の繁忙期にも利用することができます。

繁忙期は各航空会社の割引サービスが利用できないため、株主優待券を使う方が圧倒的に安くなります。

当日や直前の出発時

当日や直前で飛行機を利用する際には、各航空会社の割引サービスが使えないため利用料金が高額になります。

そのため、直前で予約する際には株主優待券を利用した際の割引率が高くなり、最も安い手段になる場合があります。

なお株主優待券を使って予約した場合は、予約の変更が可能な上、取消手数料が出発前であれば不要です。

株主優待券は、直前に飛行機を利用する際には非常におすすめです。

ANA・JAL株主優待券の入手方法

ANA・JALの株主優待券は、金券ショップで売られています。

時期により価格相場は変動しますが、5,000円~6,000円前後が多いようです。期限が近い物は安く売られています。

またヤフオク等のネットオークションでも購入することができます。

LCCとは?

LCCとは、ピーチやジェットスター社を代表とした格安航空会社のサービスです。

空港や本数は限定されていますが、価格面で見ると最も安い手段となります更にセール期間は圧倒的な安さになります

LCC(格安航空会社)

・ジェットスター
・Peach
・スカイマーク
・バニラエア

株主優待の使えるLCCは?

残念ながら、株主優待の使えるLCCはありません。

しかし元々の金額が非常に安い上、各社のセール期間は更に割引になります。

LCCのセール期間

LCC各社でセールを行うことがあります。

セール期間中であれば更に割安な料金で利用する事ができます

飛行機を予約する際には、まず各社ホームページをチェックするか、スカイチケット等の比較サイトで確認することをおすすめします。

まとめ

飛行機代について、通常は以下の順で安く利用することができます。

料金
  1. LCCの利用(セール期間)
  2. LCCの利用(通常料金)
  3. ANA・JAL(株主優待券の利用)
  4. ANA・JAL(早割の利用)
  5. ANA・JAL(通常料金)

ただしANA・JALの株主優待は、お盆・GW等の繁忙期や直前の利用時には最も安く利用できる場合があります

しかし通常はLCCが最安になるケースが多いです

さらにセールを開催している場合があるため、比較サイト等で確認することをおすすめします。

LCC比較サイト(スカイチケット)