日経新聞を無料で見る方法 | 新聞代の節約方法まとめ

日経新聞

日経新聞を無料で見るための方法、新聞代を節約するための方法について解説します。

新聞代は毎月必要になる固定費のため、節約効果の高い対象になります。

とは言え、投資家やビジネスマンに取って情報収集は重要であることは事実です。

そこで本記事では、新聞代を節約する方法についてまとめました。

日本経済新聞(日経新聞)の価格

日経新聞を定期購読した場合の価格は以下となります。

年間で計算すると大きな金額になっていることが分かります。

  • 日経新聞 電子版:毎月4,200円 年間50,400円
  • 日経新聞 宅配+電子版:毎月5,900円 年間70,800円

日経新聞を無料で見る方法

日本経済新聞の記事は、下記証券会社の「日経テレコン21」というアプリで無料で見ることができます。

証券会社の口座は無料で作る事ができます。

  1. 楽天証券
  2. 大和証券
  3. 丸三証券

この中ではアプリの質が高く、多くの個人投資家が使っている楽天証券がダントツでおすすめです。

日経テレコンで読める新聞

楽天証券では、日経新聞以外の新聞記事も読むことができます。

日経テレコンで読むことができる新聞記事は下記となっています。

  • 日本経済新聞 朝刊・夕刊
  • 日経産業新聞
  • 日経MJ(流通新聞)
  • 日経地方経済面
  • 日経プラスワン
  • 日経速報ニュース

日経テレコンを見る方法

楽天証券の日経テレコンはパソコン、またはスマホアプリから見る事ができます。

スマホで見る方法

スマホで日経テレコンを見るためには、楽天証券のスマホアプリ「iSpeed」を利用します。

スマホアプリ「iSpeed」のメニューの中から日経テレコンを開き、読みたいニュースの記事をクリックします。

パソコンで見る方法

パソコンで日経テレコンを見るためには、楽天証券のアプリ「マーケットスピード」または「マーケットスピードⅡ」を利用します。

マーケットスピードは株の売買を行うためのアプリです。

メニューの中に日経テレコンが含まれており、そこからニュースを読む事ができます。

楽天証券の口座だけ作れば、実際に株の売買をする必要はありません。

ニュースアプリで代用する方法

スマホでニュースを見る人には、専用のニュースアプリの方が使いやすいです。

新聞以上に情報量も多く、今は新聞を買って読む必要性はあまり高く無いかもしれません。

dmenuニュース

dmenu ニュース

dmenu ニュース

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

無料のニュースアプリは数多くありますが、dmenuニュースがおすすめです。

本アプリは2019年2月にリニューアルしたばかりです。

無駄な情報が少なく、いま最も洗練されたニュースアプリです。

おすすめ無料ニュースアプリ(iPhone・Android)【2020年】無料ニュースアプリおすすめランキング(使いやすさ重視)

雑誌アプリで代用する方法

楽天マガジンで読める雑誌

まとまった情報を入手する際には新聞より雑誌の方が効率的です。

とはいえ普通に雑誌を買っていると新聞より高くつくのが難点です。

しかし楽天マガジンを使えば、月額380円で雑誌が読み放題になります。

「楽天マガジン」とは、スマホやタブレットで雑誌を読むことができるアプリです。

楽天マガジンではメジャーなビジネス雑誌のほとんどを読むことができます。。

  • 日経マネー
  • ダイヤモンド・ザイ
  • 週刊東洋経済
  • 週刊エコノミスト
  • 週刊ダイヤモンド
  • MONOQLO MONEY

ビジネス雑誌以外にも主要な雑誌の大半を読むことができるため、節約効果が非常に大きいサービスです

月額400円で、これだけの雑誌が読み放題になるのは破格と言ってよいでしょう。

楽天マガジン公式ページ
おすすめの投資・株・マネー雑誌おすすめマネー雑誌8選。株・投資の情報収集用に厳選!

まとめ

固定費である日経新聞の定期購読をやめる事で、年間70,800円もの節約になります。

日経新聞の記事は楽天証券に口座を作ることで無料で読むことができます。

またビジネス雑誌の大半が月額400円で読み放題になる「楽天マガジン」を利用するのもおすすめです。

おすすめの投資・株・マネー雑誌おすすめマネー雑誌8選。株・投資の情報収集用に厳選! Kindle Unlimited本のラインナップは?おすすめマンガ・雑誌等まとめ