【デイトレ】1日信用取引の手数料が安い証券会社の比較

楽天いちにち信用 証券会社

楽天証券、松井証券、SBI証券ではデイトレード用の手数料割引サービスが提供されています。
しかし各証券会社によって条件の違いがあります。
そこで各社の料金や条件を比較し、本記事にまとめましたのでご参考ください。

デイトレード向けの手数料割引サービスを提供している証券会社

デイトレ向けの手数料割引サービスを提供している証券会社は下記3つです。

証券会社のデイトレサービス
  1. 松井証券 「一日信用」
  2. SBI証券 「日計り信用」
  3. 楽天証券 「いちにち信用」

デイトレード専用の割引サービスとは?

デイトレード限定で、株式売買時の手数料が割引(無料)になるサービスです。

売買した銘柄は当日中に返済する必要があります(持ち越し不可)。デイトレーダーはぜひ使いたいサービスとなっています。

なお信用取引のため、信用口座の開設が必要になります。

信用取引を行うには証券口座に保証金が必要になりますが、同一の保証金で何度も売買することができます。

貸借銘柄以外の空売りも可能

通常は空売りできない、新興銘柄やIPO銘柄も空売りすることができます。

対象の銘柄は証券会社が選定した銘柄のみです。また、それらの銘柄を空売りする場合は特別に手数料が必要になります。

手数料は銘柄により異なりますが、通常の取引より高額になります。

そのため「手数料を払っても特別に空売りしたい銘柄がある時」のみ利用します。

デイトレード必要なコスト(手数料・金利・貸株料)

デイトレードの際に考慮する必要があるコストは下記3点です。

デイトレの手数料
  1. 取引手数料
  2. 信用取引の金利
  3. 信用取引の貸株料

当日中に建玉を決済しなかった場合の注意点

新規建を行った当日の大引けまでに建玉が決済されなかった場合は、証券会社に翌営業日の寄付で強制返済されてしまいます。

その場合高額な手数料が必要になりますので注意しましょう。

松井証券「一日信用取引」

松井証券では「一日信用取引」というサービスを提供しています。売買手数料は0円、金利は年率2.00%です。

1注文あたりの約定金額が300万円以上の場合は金利が0円となります。

デイトレで1注文300万円以上の注文となると、資金力の大きい投資家に限られると思われます。

実質的には金利がコストとして必要になると考えた方がよいでしょう。

松井証券の「プレミアム空売り」(プレカラ)

松井証券の「プレミアム空売り」は、通常空売りできない銘柄を空売りする事ができるサービスです。

手数料、金利の条件は一日信用取引と同じですが「プレミアム空売り料」が必要になります。

SBI証券「日計り信用」

SBI証券では「一日信用取引」というサービスを提供しています。売買手数料は無料ではなく、通常の制度信用と同じ手数料が必要となります。
金利は年率2.00%です。松井証券と同じく1注文あたりの約定金額が300万円以上の場合は0円となります。

SBI証券「HYPER空売り」(ハイカラ)

SBI証券の「HYPER空売り」は、通常空売りできない銘柄を空売りする事ができるサービスです。

手数料、金利の条件は一日信用取引と同じですが「HYPER料」が必要になります。

楽天証券「いちにち信用」

楽天証券では「いちにち信用」というサービスを提供しています。

売買手数料は0円、金利は年率1.90%です。1注文あたりの約定金額が100万円以上の場合は0円となります。

300万円はハードルが高いですが、100万円となると1単元の金額が大きい銘柄で適用されやすくなります。

松井証券・SBI証券より後発で始めたためか、多少安くなっています。

楽天証券の「いちにち信用」空売り

楽天証券のいちにち信用でも、通常空売りできない銘柄を空売りする事ができます。

他の証券会社と同様に特別空売り料が必要になります。

証券会社 楽天証券 松井証券 SBI証券
サービス名 いちにち信用 一日信用 日計り信用
取引手数料 0円 0円 要売買手数料
金利・貸株料
無料条件
100万円以上 300万円以上 300万円以上
金利(年率) 1.90% 2.00% 2.80%
貸株料(年率) 1.90% 2.00% 2.00%

まとめ

松井証券、SBI証券、楽天証券ではデイトレで手数料を安くするためのサービスが提供されています。

手数料の面では松井証券・楽天証券が0円となっておりおすすめです。

また金利・貸株手数料も含めると、楽天証券が最も安いサービスとなっています。

ただし極端な金額差はないので、ツールの使いやすさ等も考慮した上で選ぶことをオススメします。