バークシャーハサウェイへの投資は最強?株価推移・ポートフォリオまとめ

バークシャーハサウェイ

バークシャーハサウェイは、世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資会社です。

その成長は米国株指数(S&P500)を大幅に上回り、50年間で約2万倍ものパフォーマンスとなっています。

過去にバークシャーハサウェイに投資した株主は、莫大なリターンを得る事ができました。

バークシャーハサウェイは米国株式市場に上場しており、個人投資家も投資する事ができます。

同社の株は少額でも投資する事ができ、バフェットの投資法を学びたい人には最適です。

本記事ではバークシャーハサウェイの株価推移やポートフォリオ、投資する方法について紹介します。

バークシャーハサウェイとは?

america-kabu

バークシャーハサウェイとは、ウォーレン・バフェットが会長兼CEOを務めるアメリカの企業です。

元々は紡績工場の会社でしたが、バフェットが買収した後は実質的には投資会社として運営されています。

現在は保険業を中心に、企業の買収や上場企業への投資により収益を上げています。

バークシャーハサウェイの株価チャート

バークシャーハサウェイ長期株価チャート

バークシャーハサウェイの株価は、長期的に凄まじい成長チャートを描いています。

年平均にして20%以上の成長を続けた結果、50年間で約2万倍もの株価となっています。

これは長期的に、米国株指数(S&P500)とは比較にはならないパフォーマンスとなっています。

バークシャーハサウェイのポートフォリオ

バークシャーハサウェイのポートフォリオは3ヶ月毎に公開されています。

ただし公開される迄には時差があるため、約2~3ヶ月前の情報になります。

2019年末時点での、ポートフォリオの上位5銘柄は以下の順となっています。

  1. アップル
  2. バンクオブアメリカ
  3. コカ・コーラ
  4. ウェルス・ファーゴ
  5. アメリカンエクスプレス

バフェットは少数の銘柄に集中投資を行うことで知られています。

特にコカコーラ、ウェルスファーゴ、アメックスを中心とする「ビッグ4」と呼ばれる4銘柄への投資で有名です。

しかし近年は、IBM等のハイテク企業への投資も行い疑問視する声もありました。

その後アップルに集中投資しましたが、2019年末時点ではその結果としては成功しています。

バフェットの暴落対策

バフェットは株価が割高な状況で株を売り、ポートフォリオの現金比率を上げる投資法を取っています。

リーマンショック時にも、ゴールドマンサックス等の株を底値で購入し莫大な利益を上げる事に成功しました。

直近では2019年末の時点で、現金比率を過去最大まで高めていた点が注目されます。

2020年に入りコロナウイルスの影響で米国株市場の暴落が発生しています。

バフェットはその最中にデルタ航空社の株式を購入する等、今後の動向が注目されます。

バークシャーハサウェイの配当金・配当利回りは?

バークシャーハサウェイには配当金はありません

これはバフェットの方針で、その資金で自社株買いや再投資をした方が株主のメリットが大きいからです。

特に配当金は支払いの度に税金が発生するため、再投資する際には税金分の無駄が発生します。

そして配当金を配る代わりに自社株を購入し、企業価値を高める事を行っています。

この方針によって実際にバークシャーの株価は成長し続け、株主は配当金以上のリターンを得る事が出来ています。

バークシャーが成長を続ける限りは、今後も配当金が支払われる可能性は無さそうです。

バークシャーハサウェイの投資リスクは?

コカコーラ

バークシャーハサウェイへの投資における懸念事項は、主に下記2点です。

  1. 後継者問題
  2. 時価総額

バフェットは既に老齢のため、引退後の後継者問題が懸念されています。

いくら優秀な後継者が任命されても、今後もバフェットと同等の運用が行われるかは不明です。

またもう一点の課題は、バークシャーハサウェイは既に巨大企業となっている点です。

あまりにも資金が大きいと投資先が限られ、今後は米国株指数のパフォーマンスを大きく超える事はより難しくなります

そこでバークシャーの株を買わなくても、米国株指数に連動するETFを買えば十分という声も上がっています。

しかし実際にはバークシャーの投資方針、投資先企業が大きく変わる可能性は低いと思われます。

その場合、今後も米国株指数の成長を上回る可能性もあり得るのではないでしょうか。

バークシャーハサウェイ株の買い方・投資する方法

DMM.com証券の注文画面

DMM.com証券の注文画面

バークシャーハサウェイの株式は、日本の証券会社でも普通に買う事ができます

但しマネックス証券DMM.com証券等の証券会社で、米国株用の口座を作る必要があります。

米国株口座にログインすれば、普通の個別株と同じように売買する事ができます。

特にDMM.com証券は、日本株と全く同じように購入できるので初心者にもおすすめです。

ついに米国株手数料が無料化!DMM株レビュー【口コミ・評判】

バークシャー(BRK.B)の購入に必要な金額

バークシャー(BRK.B)の購入に最低限必要な金額は1株単位、約20,000円前後となります。

必要な金額は、その時点の株価、為替により変動します。

なおバークシャーの株には、クラスA株(BRK.A)とクラスB株(BRK.B)の2種類があります。

このうち個人投資家が購入するのは、B株(BRK.B)の方です。

MEMO

バークシャーは株式分割をしないため、1株購入するのに3,000万円位の金額が必要になっていました。

そこで個人投資家にも購入できるように作られたのがB株(BRK.B)です。

まとめ

バークシャーハサウェイはバフェットの運営により、過去数十年に渡り驚異的なな成長をしてきました。

今後も同等のパフォーマンスが維持されるかは分かりませんが、個人投資家にとって最適な投資先の一つになる可能性はあります。

またバークシャーの株を保有するのは、バフェットの投資法を学ぶ上でも非常におすすめです。

以上、バークシャーハサウェイについての情報まとめでした。

ウォーレン・バフェットの株本おすすめのバフェット本9選!投資法や銘柄、名言集まとめ 米国株の買い方・始め方は?初心者向けに解説してみた