Amazonの株価は20年間で500倍以上!チャート推移と今後の見通しは?

Amazon株価推移・チャート

Amazon(アマゾン)は米国を代表する成長企業です。

株価は20年間で500倍以上になり、創業者ジェフ・ベゾスの資産は世界一に達しています。

Amazonのサービスは日本人もよく知る所ですが、早い段階で投資していれば莫大な資産を築くことができました。

しかしAmazonの株価は上がりすぎ、今から買っても大丈夫か悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Amazonのこれまでの株価の推移や今後の見通しについて紹介します。

Amazonの株価は20年間で500倍以上に

Ama

Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)はアメリカのシアトルに本拠を構える企業です。

EC(通販)事業で知られていますが、AWS(クラウドサービス)等多くの事業でも世界的に成功しています。

Amazonは米国企業の中でも、ここ数年で最も成長した企業の一つです。

その株価の上昇率は凄まじく、20年間で約500倍以上にもなっています。

Amazonの株価推移、チャート

Amazon(AMZN)は、米国株式市場 NASDAQに上場しています。

Amazonの株価は20年間で500倍以上もの株価になりました。

Amazonの事業内容とAWS

AmazonはEC(通販)事業で有名ですが、現在はAWS(クラウド)の利益がEC事業を上回っています。

AWSとは「Amazon Web Services」の略で、Amazonが提供しているクラウドサービスの総称です。

クラウドサービスとはサーバやデータベース等の環境を提供するものです。

自社でサーバ等を所有する必要がなくなることから、近年多くの企業がクラウドサービスに移行しています。

中でもAWSはMicrosoftのAzureと並んで世界トップレベルのシェアとなり、日本でも広く普及しています。

AWSは利益率が非常に高く、ここ数年におけるAmazon成長の原動力の一つとなっています。

また直近の決算ではAWS事業以外にも、広告事業等も成長しています。

Amazonの事業は、今後まだ成長し続ける余地はありそうです。

ジェフ・ベゾスの資産は長者番付世界一に

Amazon.comは、現CEOでもある「ジェフ・ベゾス」が1995年に創業しました。

フォーブスの長者番付では、ジェフ・ベゾスの資産額は世界一になっています。

その資産額は2019年時点で、1310億ドル(約14兆6千億円)にも登ります。

2位のマイクロソフト社のビル・ゲイツ、3位のウォーレン・バフェットを抑え、2年連続で首位となっています。

ジェフ・ベゾスは2019年に離婚したことで財産分与が行われますが、現状世界長者のトップを維持しているとのことです。

Amazon株価の今後の見通しは?

絶好調のAmazonの株価でしたが、2018年に大幅な株価の調整がありました。

これはAmazonの決算内容が期待を下回り、主力事業であるAWSの成長鈍化が懸念されたのが一因と思われます。

しかし同時期にはAmazonに限らず、エヌビディア・Google等も大きく株価は調整しました。

これは企業の決算が悪かった事もありますが、それ迄に過熱していた株価が調整した面が大きいと思われます。

2019年に入ってからAmazonの株価は大幅にリバウンドしました。

チャートの位置からは、また最高値を伺う可能性は有り得る状況となっています。

強気の予想をしているジェフェリーズ証券のアナリストは、今後2年で株価は2倍になるとの見方までしています。

Amazonはバフェット率いるバークシャーも投資

Amazonが素晴らしい成長企業である事は誰の目にも明らかでした。

Amazonへの投資が難しい理由として、常に「株価の割高感」があった点が挙げられます。

しかし世界一の投資家ウォーレン・バフェットも「Amazonに投資しなかったことは失敗だった」旨の発言をしています。

2019年に入り、バフェット率いるバークシャーもAmazonに投資したことが明らかになっています。

ただし投資判断をしたのはバークシャーの運用マネージャのようです。

Amazonの現在の株価は一般的に割安とは考えにくく、意外な印象を受けます。

とはいえ、バークシャーの割安株投資を熟知した上で投資するのは興味深いところです。

ウォーレン・バフェットの株本おすすめのバフェット本9選!投資法や銘柄、名言集まとめ

まとめ

Amazonは米国株を代表する成長企業です。

株価は20年間で500倍以上にもなり、ここ数年投資しただけでも大きなリターンを得ることができました。

株価は2018年に大きく調整しましたが、2019年に入りリバウンドしました。

Amazonは株価の割高感等を考慮すると、投資するタイミングが難しい企業になります。

しかしAmazonの成長性を考慮すると、今後も注目するべき成長株の一つと言えるでしょう。

1,000円で米国株に簡単投資「ワンタップバイ」レビュー【口コミ】