サンデーダウとは?土日の取引時間、株価・チャートを見る方法

サンデーダウとは?株価・チャート

サンデーダウとは、土日に売買ができる「IG証券のCFD市場」におけるNYダウの価格のことです。

NYダウ(米国株式市場)は土日はお休みですが、CFD市場は売買が可能です。

そのためサンデーダウは、翌営業日(月曜日)の米国株式市場の動向を予想するための参考値として使われます。

サンデーダウとは

サンデーダウとは、IG証券が提供している「CFD市場」におけるNYダウの価格の事です。

「サンデーダウ」という言葉は、あくまで通称です。実際にはIG証券の「Weekend Wall Street」という市場の取引価格を指しています。

「ウイークエンドダウ」と呼ばれることもあります。

サンデーダウのリアルタイム株価・チャート

サンデーダウのリアルタイム株価は、下記のURLから見る事ができます。

https://www.ig.com/uk/indices/markets-indices/weekend-wall-street

個人投資家に人気の「世界の株価」のページでも見る事ができます。大半の個人投資家は、こちらを見ている事が多いです。

サンデーダウの取引時間

サンデーダウの取引時間は、土曜の午後13時・14時頃から、月曜日の米国株市場の取引開始時間迄です。

米国株市場の取引開始時間は時期によって変わるため、下記の記事で解説しています。

【2020年】NY株式市場の取引時間・休みの日は?米国株(ニューヨークダウ)・日本株市場のカレンダーを解説

CFDとは

CFDは「差金決済」と呼ばれる投資商品です。

CFDでは投資家同士において、売買が成立した時点の価格で変動します。

そのためサンデーダウは実際の米国株指数を反映した価格ではありません。

あくまでCFD市場内における投資家の想定している価格という扱いになります。

MEMO

CFDでは、株価指数や原油、金や銀等の様々な投資商品が売買可能です。

そのため夜間や土日に暴落が発生した際、空売りで翌営業日の損失をヘッジするといった使い事もできます。

サンデーダウが土日に注目される理由

サンデーダウは土日も取引が可能なため、月曜を予想するために使われます。

特に米国株に影響を与えるような材料が出た場合、その反応を見るために見る事があります。

サンデーダウの信憑性

サンデーダウは取引量が少ないため、実際の米国株市場の株価とは乖離する事があります。

そのため、信憑性については「ある程度の参考にする」という使い方が良さそうです。

この辺りは、日本のPTS市場(夜間取引)と同じ傾向があります。

まとめ

サンデーダウは、土日に売買できるIG証券のCFD市場の取引価格です。

翌営業日(月曜日)の米国株式市場の動向を予想するために使われます。

取引量が少ないため、信憑性については「あくまで参考程度」として使う方がよさそうです。

株・投資Twitterアカウント25選。おすすめの億トレ・専業投資家まとめ 【米国株】リアルタイム株価・チャート確認用おすすめアプリ