【米国株】リアルタイム株価を見る方法とおすすめアプリ

米国株リアルタイム株価アプリ 投資アプリ

米国株のリアルタイム株価を見る方法と、お勧めのアプリを紹介します。

夜間の市場の状況を把握するためには、米国株指数や個別銘柄のリアルタイム株価を知る必要があります。

世界株価等の株価表示サービスでは、15分以上遅延した株価が表示されます。
これでは指値で注文する時、現在の株価の状況がわからない状況となります。

さらに米国株に投資している人だけではなく、先物・FX等のトレーダーも現状の株価を把握したい人も多いのではないでしょうか。

そこで、米国株のリアルタイム株価を見ることのできるアプリを紹介します
これらのアプリは、個別銘柄だけでなくNYダウNASDAQなどの指数もリアルタイムで株価を確認できます。

米国株版 Yahoo!Financeアプリ

日本のYahoo!ファイナンスではなく、米国版のYahoo!Financeアプリでリアルタイム株価をチェックします。
米国株の株価チェックのみしたい人にはお勧めのアプリです。

しかし米国株の売買をしている人は、実際に注文する証券会社のアプリをリアルタイム表示にしないと非常に非効率です。

なぜなら、証券会社のアプリは標準で15分遅れの株価となっているためです。
Yahoo!Financeアプリでリアルタイム株価をチェックしても、実際の注文画面とは差異がある状態となります。

SBI証券

通常は株価は15分遅れで表示されます。
米国株リアルタイム株価を利用するためには、利用料として1ヶ月500円が必要です。

SBI証券には利用料無料にするための方法がないので、負担する必要があります。

また、SBI証券には米国株用のスマホアプリはありません。
PC用のサイトにログインして注文する必要があります。

楽天証券

「米国株リアルタイム株価」の利用料は1ヶ月あたり300円必要です。
2018/10/10迄は1,000円だったので、大幅に値下がりしました。

但し、過去1ヵ月の間に1回以上米国株の約定があれば、無料で利用可能になります。
ETF等の約定もカウントされるので、毎月売買している人は無料で使うことができます。

しかし残念ながら、楽天証券ではスマホアプリは提供されていません。

マネックス証券 Tradestation(トレードステーション)

「米国株リアルタイム株価」の利用料は1ヶ月あたり500円必要です。
外国株口座の米ドル残高、もしくは保有米国株の残高がある場合は無料になります。

口座に少しでも米ドルを入れておけば、無料条件を簡単に達成できます。
コスト面では最もおすすめの方法です。

GMO証券のCFDアプリ

GMO証券のCFD口座があれば、リアルタイムで株価の動きが確認できます。

CFDで取引可能な銘柄だけが対象となる他、現物と多少の価格差がある点はデメリットです。
しかしCFD価格自体を見たいケースもあるので、サブ口座として持っておいて損はないでしょう。

まとめ

リアルタイム株価を見るためには米国版のYahoo!Financeアプリが利用できます。
しかし米国株を売買する際には、証券会社側がリアルタイム株価に対応していないと意味がありません。

証券会社の米国株リアルタイム株価を利用するためには利用料金が必要です。
しかしマネックス証券であれば、口座に米ドルを入れておけば無料で利用ができます。

また、GMO証券のCFD口座とアプリを使うのも一つの有効な手段です。