アプリ

【米国株】リアルタイム株価・チャート確認用おすすめアプリ

米国株リアルタイム株価・チャートアプリ

米国株のリアルタイム株価を見る方法と、お勧めのアプリを紹介します。

夜間の市場の状況を把握するためには、米国株指数や個別銘柄のリアルタイム株価を知る必要があります。

しかし一般的な株価表示サービスでは、米国株は15分以上遅延した株価が表示されます。

そこで、米国株のリアルタイム株価を見ることのできるアプリを紹介します

これらのアプリは個別銘柄だけでなく、NYダウNASDAQなどの指数もリアルタイムで株価を確認できます。

米国株のリアルタイム株価

通常、証券会社が提供するアプリは米国株は15分以上遅延した株価が表示されます。

リアルタイム株価を見るためには、証券会社に追加で利用料金を支払う必要があります。

証券会社リアルタイム株価の有無
SBI証券月500円
楽天証券月300円(条件により無料)
マネックス証券月500円(条件により無料)
DMM.株無料
GMOクリック証券(CFD)無料

米国株用スマホアプリの有無

米国株については、専用のスマホアプリが提供されていない証券会社が多数です。

アプリが無い場合、パソコンの注文画面から株価をチェックする必要があります。

証券会社スマホアプリの有無
SBI証券×
楽天証券×
マネックス証券
DMM.株
GMOクリック証券(CFD)

証券会社別 米国株対応状況

SBI証券

SBI証券で米国株リアルタイム株価を利用するためには、利用料として1ヶ月500円が必要です。

SBI証券には利用料無料にするための方法がないので、この500円はどうしても負担する必要があります。

また、SBI証券には米国株用のスマホアプリはありません

そのため、PC用のサイトにログインして確認・注文する必要があります。

楽天証券

楽天証券で「米国株リアルタイム株価」の利用するには、1ヶ月あたり300円必要です。

但し、過去1ヵ月の間に1回以上米国株の約定があれば、無料で利用可能になります。

ETF等の約定もカウントされるので、毎月売買している人は無料で使うことができます。

しかし楽天証券も専用のスマホアプリは提供されておらず、PCから確認・注文する必要があります。

マネックス証券 Tradestation(トレードステーション)

マネックス証券では「米国株リアルタイム株価」の利用料として1ヶ月あたり500円必要です。

とは言え外国株口座の米ドル残高、もしくは保有米国株の残高がある場合は無料になります。

口座に少しでも米ドルを入れておけば、無料条件を簡単に達成できます

またマネックス証券では、米国株の売買用に「Tradestation(トレードステーション)」という専用のアプリが提供されています。

マネックス証券公式ページ

DMM.com証券「DMM株アプリ」

DMM株米国株アプリ

DMM.com証券では、口座を解説すると無料でリアルタイム株価を見ることができます。

スマホアプリは日本株・米国株共通の物が提供されています。

口座を開設すれば、特に条件など無く無料で利用できるためオススメです。

DMM株 公式ページ

GMO証券 CFD口座

GMOクリック証券のCFD口座を開設すると、米国株だけではなく中国株や原油や金等もチェックすることができます。

CFDは24時間世界中の商品を売買できるため、いざという時のリスクヘッジに最適です。

GMOは専用のスマホアプリやPC用のアプリも用意されており、アプリの出来ではダントツの使いやすさです。

口座だけ作っておき、アプリで株価やチャートチェックだけするのも賢い使い方でしょう。

GMOクリック証券CFD

まとめ

多くの証券会社では、リアルタイム株価を見るためには追加で月額費用が必要になります。

リアルタイム株価を見るためには、無料のDMM株のアプリを使うのが手軽です。

または米国株口座に入金していれば、マネックス証券も無料になります。

DMM株 公式ページ

マネックス証券公式ページ

またGMOクリック証券のCFD口座を開設すると、米国株だけではなく中国株や原油や金等もチェックすることができます。

専用のアプリも用意されており、チャートチェック用に口座を作っておくと非常に便利です。

GMOクリック証券CFD 公式ページ