【赤字・減配】CANON(キヤノン)の株価・配当利回り、権利確定日

2020年7月28日、CANON(キヤノン)が33年ぶりの減配を発表しました。

同日発表された2020年4~6月の連結決算では、88億円の赤字を発表しています。

キヤノン(7751)は高配当利回りの銘柄として人気の銘柄です。

配当利回りに加え、30年以上も減配していない実績から個人投資家にも人気でした。

しかし業績の悪化や株価の下落が続き、減配が危ぶまれている状況でした。

本記事では、キヤノンの株価、配当金等の情報について紹介します。

キヤノンの株価・チャート

キヤノンは2018年以降は業績の悪化により株価が下がり続けています

これはデジタルカメラの売上不調により、キヤノンの決算は減収減益が続いている事が一番の要因となっています。。

さらにコロナショックの影響で、2020年には株価がさらに暴落しています。

減配を発表したことで、今後さらに株価は厳しい状況となりそうです。

キヤノンの配当利回り

キャノンの予想配当利回りは7.7%前後を推移していました。

これは株価の下落により利回りが上昇していた事もあり、異常値とも言える配当利回りです。

しかし中間配当(6月末)の配当を、前年同期に比べ40円減の40円(半分)に減配するとの発表がありました。

また、期末配当は未定としています。

今後期末配当の目処がつくまでは、来期の配当利回りは不明な状況となります。

キヤノン配当金の権利確定日

キャノン株の配当は中間配当、期末配当の年2回です。

  • 6月末:中間配当
  • 12月末:期末配当

キャノンの配当金はいつ貰える?

キャノン株の配当金は下記の時期に支払われます。

  • 期末配当:8月頃
  • 中間配当:3月頃

キヤノンの株主優待

キャノンには株主優待はありません

配当利回りが高いため、今後も新設される可能性は低いでしょう。

キヤノンの配当性向

キヤノンの配当性向は70%以上となっています。

本来、配当性向としては非常に高い銘柄に分類されます。

増配の可能性や減配のリスク

キヤノンはこれまで30年以上もの間、1度も減配はありませんでした。

また、キャノンは毎年増配を続けています。

国内企業としては、過去の実績から減配の可能性は低い企業と考えられていました。

業績の悪化が続いていたため、減配の可能性は予測できましたが、今回の減配発表は高配当株投資家へのインパクトは大きいといえます。

キヤノンのNISAでの人気

キヤノンは高配当利回りのため、NISAでも人気の銘柄です。

ただし業績自体は悪化が続いており、さらに減配発表のインパクトは大きいと思われます。

さらなる株価の下落には注意が必要です。

まとめ

キヤノンは高配当銘柄として個人投資家に人気です。

キヤノンは30年以上減配がなく、連続増配をしている点が魅力的だったと言えます。

しかしついに四半期決算において赤字、来期の減配を発表したことで株価の下落リスクは今後も続きそうです。

今後は配当利回りだけではなく、業績の悪化や株価の下落に注意する必要がありそうです。

【2020年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング 【2020年】株主優待ランキング!人気・おすすめの銘柄を厳選