リクルートHDがコロナで暴落!今後の株価や配当金はどうなる?

リクルート株価推移チャート

コロナショックの影響で、リクルートHDの株価が暴落しています。

リクルートHDは2014年の上場後、約3倍もの株価上昇をしていました。

リクルートHDは「リクナビ」等、就職関連の事業で有名です。

しかし就職以外にも、住宅(SUUMO)・結婚(ゼクシィ)・じゃらん(旅行)等、多くの事業を展開し成功しています。

本記事ではリクルートHD株価の推移、今後の予測について紹介します。

リクルートホールディングス(6098)の株価推移・チャート

リクルート株価チャート

リクルートHDの株価は2020年に入り、コロナショックの影響で株価は50%以上も暴落しています。

求人市場は、不景気になると最も影響を受ける業種の一つです。

リクルートHD以外の求人企業も、軒並み大幅な暴落をしています。

リクルートHDは2014年の上場後は株価が好調で、約3倍になっていましたが厳しい状況が続きそうです。

リクルートの配当利回り

リクルートの優待利回りは、1.0%前後で推移しています。

配当性向は30%程度が目安とされています。

リクルートの配当金の権利確定日

リクルートの配当金の権利確定日は、9月末と3月末の年2回です。

リクルートの配当金はいつ貰える?

リクルートの配当金支払日は、6月末と12月上旬の年2回です。

リクルートの株主優待

残念ながら、リクルートには株主優待はありません。

リクルートの事業内容

リクルートHDの事業は大きく3つのセグメントで構成されています。

  1. メディアソリューション
  2. 人材派遣
  3. HRテクノロジー

これら3事業の中で、就職・住宅・結婚・旅行などのサービスを提供しています。

HRテクノロジー事業

HRテクノロジー事業では、下記のオンライン求人サイトに関する事業を中心に構成されています。

  • オンライン求人情報専門検索サイト「Indeed」
  • オンライン求人広告及び企業情報サイト「Glassdoor」

メディア&ソリューション事業

メディア&ソリューション事業では、販促領域と人材領域の2つの事業で構成されています。

販促領域

  • SUUMO
  • ゼクシィ
  • HotPepperグルメ
  • HotPepper Beauty
  • Airレジ
  • スタディサプリ

人材領域

  • リクナビ
  • リクナビNEXT
  • タウンワーク

人材派遣事業

人材派遣事業は、国内における人材育成サービス関連事業や、アジアでの人材紹介事業等により構成されています。

リクナビ問題の株価への影響

2019年9月、リクルート株を保有する株主13社の売出しが発表されました。

リクルートHDは、発行済株式総数の20%が以上が政策的な持ち合い株となっています。

そのうち今回は大手メガバンク等による約4,000億円もの大規模な売出しとなりました。

これはリクナビ問題(リクナビが学生の内定辞退率を予測して、データを企業に販売していた)事が背景にあったたと思われます。

対するリクルートHDは、対抗策として800億円もの自社株買いを発表しました。売出し発表後は受給悪化が懸念され一時的に株価は下落しました。

しかしその後、すぐに株価は持ち直しています。

リクルート株の買い時、今後の見通しは?

リクルートHDは2020年のコロナショックの影響で、株価は暴落しています。

日本国内で不景気が続く限り、求人関連の募集は減少する事が予想されます。

IT・通信セクター等の企業の株価は大きくリバウンドしていますが、リクルートHDは大きく出遅れています。

株価が底打つためには、求人市場の需要が復活するまでかなりの時間が必要と思われます。

まとめ

リクルートHDはコロナショックの影響で、株価は50%以上もの暴落をしました。

2014年の上場後、株価は好調で3倍以上になっていましたが当面は厳しい展開が予想されます。

以上、リクルートの配当・株主優待と株価情報のまとめでした。

NISAで高配当・優待利回り人気・おすすめ銘柄ランキング【2020年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング