高配当銘柄ソフトバンク株(9434)の配当権利日はいつ?株主優待は?

ソフトバンクの配当権利日、株主優待はいつ?

2018年に上場し、2019年5月8日に増配、Yahooの連結子会社化を発表した「ソフトバンク」(証券コード:9434)の配当・株主優待の情報をまとめました。

また5月9日、親会社であるソフトバンクグループから株主優待の廃止の発表がありました。

今後、子会社のソフトバンク社が株主優待を新設する可能性も期待される状況となっています。

ソフトバンク株の配当は年何回?権利確定日はいつ?

ソフトバンクの配当は配当中間配当、期末配当の年2回です。

2019年の配当権利確定日は下記となっています。

  • 2019年 3月31日:期末配当
  • 2019年 9月30日:中間配当

ソフトバンク株の権利付き最終日はいつ?

ソフトバンク株の2019年の権利付き最終日は下記となっています。

権利付き最終日迄に株を購入することで、配当金の権利を得ることができます。

  • 2019年 3月26日:期末配当
  • 2019年 9月25日:中間配当

ソフトバンク株の配当金はいつ貰える?

ソフトバンク株の配当は下記までに支払われます。

  • 期末配当:6月まで
  • 中間配当:12月まで

ソフトバンク株の配当利回りは?

ソフトバンクの配当利回りは5.0%~6.0%前後を推移しています。

しかし2019年5月8日に増配を発表し、配当予想は前期比10円増配の85円、配当性向は85%としました。

同日時点の予想配当利回りでは、6.5%の予想配当利回りになります。

ソフトバンク配当増配

ソフトバンクが高配当の理由

ソフトバンクは配当性向(利益に対する配当の割合)が85%と、一般的な企業に比べ非常に高く設定されています。

株主には高配当が還元される設定となっています。

ソフトバンクの株主優待は?

ソフトバンク(9434)には株主優待はありません

しかし親会社である「ソフトバンクグループ(9984)」には株主優待が存在します。

株主優待の内容は、ソフトバンク製のスマホ回線やインターネット回線が毎月割引になるというものです。

ソフトバンク優待でスマホ・インターネット代を節約ソフトバンク株主優待でスマホ・ネット代を節約する方法

ソフトバンクの株主優待新設の可能性は?

しかし2019年5月9日、ソフトバンクグループから「2019年3月末を最後とし、株主優待を廃止する」との発表がありました。

ソフトバンクグループが実施していた株主優待は、本来スマホ・インターネット回線の販売を行っている子会社「ソフトバンク(9434)」で実施するのが適している内容となっています。

親会社のソフトバンクが優待を廃止したことで、代わりにソフトバンク(9434)による「株主優待の新設」が期待が高まると思われます。

ソフトバンクの株価の見通しは?

ソフトバンク決算

ソフトバンクは2018年の上場後、大幅に株価が下落した状態となっていました。

しかし2019年5月8日に発表された2018年度(2018年4月~2019年3月)の連結決算では通期予想を上回る増収増益の好決算を発表しました。

また同時に増配を発表し、株価は上場時の高値に戻ってきました。

ソフトバンクがYahoo(ヤフー)を子会社化

ソフトバンク、ヤフー連結子会社化

2019年5月8日、ソフトバンクはポータル事業大手のYahoo(ヤフー株式会社)の連結子会社化を発表しました。

好材料が発表されたことにより株価は上昇し、上場時付近の株価まで上昇しています。

まとめ

ソフトバンクの配当権利日は、3月末・9月末の2回となっています。

ソフトバンクの優待利回りは6%を超える見込みとなっており、非常に高利回りの銘柄と言えます。

以上、「高配当銘柄ソフトバンク株(9434)の配当権利日はいつ?株主優待は?」でした。

NISAで高配当・優待利回り人気・おすすめ銘柄ランキング【2019年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング