NTTは株価安定・高配当企業。分割・株主優待新設で今後は?

NTTは高配当かつ、株価が安定しているディフェンシブな企業です。

2020年にはコロナウイルスによる暴落にも耐え、株価は安定しています。

またNTTは2019年に株主優待の新設と株式分割を発表しました。

新設された株主優待では、長期保有した株主向けに「dポイント」が進呈されます。

かつてNTT株を購入するには50万円以上必要でしたが、1対2の分割を行ったことで買いやすい銘柄になりました。

NTTの株価・チャート推移

NTTの株価は2013年以降、ゆるやかな上昇トレンドとなっています。

決算やイベントに伴う株価の変動も大きく無く、長期保有しやすい値動きとなっています。

2020年3月には、コロナウイルスによる影響で世界的な株価暴落が発生しました。

しかしNTTは影響を受けにくい「通信事業者」であることもあり、すぐに株価を戻しています。

NTTが新設した株主優待の内容

NTTが新設した株主優待は、NTTの「dポイント」を貰えるという内容になっています。

ただし株主優待を取得するためにはNTT株を2年以上長期保有する必要があります。

株主優待で貰えるdポイント

  • 2年目:1,500ポイント
  • 5年目:3,000ポイント

初回分(権利日:2020年3月31日(火))

  • 2年以上5年未満:1,500ポイント
  • 5年以上 4,500ポイント

NTT株主優待(dポイント)はいつ、どうやって貰える?

NTTが新設した株主優待(dポイント)を貰うためには、NTTのエントリーサイトで申請を行う必要があります。

エントリーサイトでの申請受付、ポイントの進呈は7月の初旬に開始するとのことです。

エントリーサイトのURL、ログインID・パスワードは毎年6月末頃送付される「定時株主総会決議通知」に同封して送付されます MEMO

dポイントを貰うためには、あらかじめ「dアカウント」を作成しておく必要があります。

申請後、dアカウントにポイントが進呈されます。

NTT株式分割の基準日

NTTは2019年11月5日に、株式分割を発表しました。

2019年12月31日(火)を基準日として、1株につき2株の割合で分割されます。

これまでNTT株を購入するには50万円以上必要でしたが、

なお株主分割に伴い、配当金も95円から47.5円に修正されます。(配当利回りは分割前と変わりません

NTTの配当利回り

NTTの配当利回りは3.5~3.8%前後を推移しています。

大手企業としては、かなり高配当株の部類に入ります。

NTTは株価・業績も安定しており、安心して長期保有できる銘柄の一つと言えます。

NTTの配当金・株主優待の権利確定日

NTTの配当権利確定日は3月末、中間配当は9月末の年2回となっています。

権利付き最終日迄に株を購入することで、配当金の権利を得ることができます。

NTTの配当金はいつ振り込まれる?

NTTの中間配当は12月上旬、期末配当は6月下旬に支払われます。

中間配当12月上旬
期末配当6月下旬

NTT株の買い時は?

NTTは比較的ディフェンシブな企業のため、短期的に株価が調整した時は買い時になる事があります。

実際に2020年、コロナウイルスによる暴落時には株価は大きく下落しました。

しかしその後、すぐに株価は大きく回復しています。

NTT株価の今後の見通し

NTT株は2019年に入り年初来高値を更新しており、2017年の上場来高値を更新することを期待したい所です。

ただしNTTは超巨大企業のため、業績による大きな株価の変化が無い傾向があります。

キャピタルゲインを目的とする場合は、NTTデータやNTTイントラマート等のグループ会社の方がチャンスは多いと言えるでしょう。

まとめ

NTT(日本電信電話)は、比較的高配当で株価の値動きも安定した銘柄です。

短期的な株価上昇よりも、配当を貰うための長期保有に向いた銘柄と言えます。

NTTと同様に、通信事業者であるKDDIやソフトバンク(9434)も高配当かつ安定した値動きの傾向があります。

【2020年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング 連続増配「KDDI」の株価を分析!配当利回り・株主優待、権利確定日はいつ? 高配当銘柄ソフトバンク株(9434)の配当権利日はいつ?株主優待は?