高配当株「JT(2914)」の配当権利日・振り込み日はいつ?株主優待は?

高配当株「JT(日本タバコ産業)」の配当・株主優待についてまとめました。

JTは配当利回りが高く、さらに食品が貰える株主優待も人気です。

JTは株価が下落し、配当利回りがさらに高くなりました。

JT(日本たばこ産業)の配当利回り

JTは7%近くもの配当利回りを推移しています。

一般的に配当利回りが5%を超える銘柄は、かなりの高配当銘柄とされます。

JTの配当利回りは、上場企業の中でもトップレベルに高い状況となっています。

JTの配当権利確定日

JTの配当権利確定日は6月末、12月末の年2回です。

権利付き最終日迄に株を購入することで、配当金の権利を得ることができます。

JTの配当金はいつ振り込まれる?入金時期は?

JTの配当金の振り込み時期は、権利日から約3ヶ月後です。

中間配当8月下旬~9月上旬
期末配当3月下旬

JTの株主優待の内容

JT株主優待

JTの株主優待は年2回、自社グループ商品または寄付を選ぶことができます。

年1回、1年以上継続保有が条件となります。

100株以上2,500円相当
200株以上4,500円相当
1,000株以上7,000円相当
2,000株以上13,500円相当

JTの株価の推移・株価チャート

JT株価チャート

JTの株価は下落が続き、最安値を更新中です。

JTの株価は2016年以降は株価が下がり続け、チャートも下降トレンドとなっています。

配当利回りが高いとはいえ、業績面の悪化が続く限りはさらに株価が下がるリスクがあります。

JTの今後の見通し・株価予想

JTの株価不調の理由として、世界的なたばこ離れの影響が要因として存在します。

JTは国内より海外の売上比率が高く、海外のたばこ市場の影響を大きく受けます。

海外ではJTに限らず、主要なたばこ銘柄の株価は2018年以降下落が続く状態になっています。

  • アルトリア・グループ(MO)
  • フィリップ・モリス(PM)
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)

電子タバコを中心に、海外でのたばこ販売に対する規制強化も頻繁に行われています。

世界的な健康志向も重なり、たばこ銘柄を取り巻く環境は難しい状況になってきました。

さらにJTに関しては、国内でのたばこ値上げの影響も大きいと思われます。

また加熱式タバコの「プルーム・テック」もフィリップモリスのアイコス等に対し出遅れている状況です。

JTは海外投資家の保有株数が減り続けており、株価は上値の重い展開が続くかもしれません。

関連記事 >> 連続増配アルトリアグループ【MO】の株価推移・配当利回りを分析

JTの減配の可能性

いくら配当利回りが高くても、企業の業績が悪化すると「減配」のリスクがあります。

実際に、個人投資家に人気のある「日産自動車」は業績不振により減配が行われました。

JTはこれまで減配した事はなく、現状の財務面を見れば可能性は低いかもしれません。

しかしJTは海外企業の買収で巨額の「のれん代」を抱えており、さらに海外たばこ市場の不振も懸念される状況です。

これからも「減配が無い」と決めつけて買うのは危険かも知れません。

まとめ

JTは配当利回りが高く、個人投資家に人気の銘柄です。

株価の下落が続いていることで、配当利回りはさらに高くなっています。

しかし「たばこ銘柄」を取り巻く環境は年々悪化しており、業績面でのリスクがあることは注意が必要です。

【2020年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング 【2020年】株主優待ランキング!人気・おすすめの銘柄を厳選