日産自動車が大幅減配!株価・配当利回りは?配当はいつ貰える?

日産自動車減配・配当利回り

2019年11月12日、高配当株として人気の日産自動車が大幅な減配を発表しました。

今期の年間配当は40円の計画が、中間配当は10円に減配(前期実績28.5円)、期末配当は未定としています。

さらに同日発表した決算では、2020年3月期の連結純利益は前期比66%減の1100億円になる見通しとなっています。

これは従来予想(47%減の1700億円)を更に下回る、大幅な減益となります。

日産自動車は高配当を理由に、個人投資家に人気の銘柄です。

さらなる減配を発表したことで、今後がさらに危ぶまれる状況となっています。。

日産自動車の株価推移・チャート

日産自動車株価チャート

日産自動車は2018年以降、株価の下落が続いています。

2018年の高値から2年間の間に、株価は半値近くに下落となっています。

日産自動車の減配発表

2019年11月12日、日産自動車が減配を発表しました。

年間配当は40円の計画としていた所、中間配当は10円に減配(前期実績28.5円)、期末配当は未定としています。

日産自動車の配当利回りは?

日産自動車の期末配当は未定のため、利回りは未定となります。

仮に期末配当が中間配当と同じ10円とした場合、通期配当が20円となります。

減配発表日の終値ベースでは、日産自動車の配当利回りは2.8%前後となります。

年初は6%以上の利回りで人気でしたが、配当利回りだけを目的に保有するのは厳しい利回りとなってきました。

日産自動車の配当は年何回?権利確定日はいつ?

日産自動車株の配当は中間配当、期末配当の年2回です。

2019年の配当権利確定日は下記となっています。

  • 2019年 9月26日:中間配当
  • 2020年 3月26日:期末配当

日産自動車の権利付き最終日はいつ?

日産自動車の株主配当権利日は、3月末と9月末の年2回です。

権利付き最終日迄に株を購入することで、配当金の権利を得ることができます。

  • 2019年 9月26日:中間配当
  • 2020年 3月26日:期末配当

日産自動車の株主配当はいつ支払われる?

日産自動車の株主配当金は、権利日の約3ヶ月後(6月・11月下旬頃)に支払われます。

配当金は、決算後3ヵ月以内に開催される株主総会で決議されると支払われます。

第120期(自 平成30年4月1日 至 平成31年3月31日)の期末配当支払開始日は、令和元年6月26日とります。

日産自動車の株主優待は?

日産自動車の株主優待は、5,000円相当のギフトカードです。

しかし日産で自動車を購入した場合のみ貰う事ができるというものです。

利回りはよく見えますが、利用する機会は少ない優待になっています。

日産自動車の株は売るべき?カルロス・ゴーン氏の影響は?

日産自動車は業績の悪化を受けて、株価は低迷を続けています。

当初はカルロス・ゴーン氏の逮捕の影響等、一時的な要因であった可能性もあったかもしれません。

しかし日産自動車は業績自体が悪化が深刻な状況です。当面株価の復活は厳しい状況にあると言えるでしょう。

日産自動車の不祥事問題で西川社長が辞任

日産自動車では西川社長の不正問題も発覚し、9月16日付で辞任となりました。

西川社長は日産の株価連動型報酬において、不正に多くの額を受け取っていたことが判明しました。

これには星野朝子副社長や、ハリ・ナダ専務ら複数の幹部も同様の不正に関与していたとされています。

カルロス・ゴーン前会長が金融証券取引法違反の疑いで逮捕された事に続き、経営層への信頼は更に失墜したと言えるでしょう。

日産自動車のNISAでの人気

日産自動車は高配当利回りのため、NISAでも人気の銘柄でした。

しかし業績面では非常にリスクが高く、これ以上の減配リスクもある状況となっています。

まとめ

日産自動車は高配当銘柄として、個人投資家に人気です。

しかし減配発表により、中間配当は10円に減配(前期実績28.5円)、期末配当は未定となりました。

相次ぐ不祥事や業績の悪化など、株価の改善は当面厳しい状況となっています。

日産自動車のように配当利回りが高いというだけで、資金を集中させるのは危険性が高いと言えます。

リスク分散のためには、複数の銘柄に資金を分散させる必要性があるでしょう。

NISAで高配当・優待利回り人気・おすすめ銘柄ランキング【2019年】高配当株の人気・おすすめ銘柄ランキング