投資用語

株価の天井・暴落の底を示す「騰落レシオ」とはどこで見る?見方を解説

株価の天井・暴落の底を当てる騰落レシオ

株価の天井・底値を探るための指標として「騰落レシオ」が使われます。

騰落レシオの見方と、騰落レシオをどこで見ることができるかを解説します。

騰落レシオとは?

騰落レシオとは、東証一部市場における値上がり銘柄と値下がり銘柄の比率をパーセント表示した指標です。

値上がり銘柄が多い状態になると騰落レシオが高くなり、「天井圏が近い」と判断されます。

また逆に、値下がりしている銘柄が多い場合は騰落レシオが低くなります。これは市場が売られすぎの状態である=「底値圏が近い」と判断する事ができます。

騰落レシオの見方

仮に値上がりした銘柄と値下がりした銘柄の数が同じ場合は、騰落レシオは100%となります。

騰落レシオが100%より高いと値上がり銘柄率が高く、逆に100%より低いと値下がり銘柄率が高い事を示しています。

騰落レシオの計算式

値上がり銘柄数÷値下がり銘柄数 x 100

騰落レシオの目安とする数字は下記になります。

騰落レシオの目安

120以上:買われすぎ(天井圏)
70以下:売られすぎ(底値圏)

騰落レシオの種類(5日騰落レシオ・25日騰落レシオ)

騰落レシオには「○日」騰落レシオという形で複数の値が設定されています。これは値上がり・値下がりした銘柄の比率を計算するための期間です。

中でも5日騰落レシオという短期間の指標と、25日騰落レシオという中期感の指標がよく掲載されています。

トレードの判断には、通常25日騰落レシオが使われます

信用評価損益率等と組み合わせるのがベター

騰落レシオは市場全体の状況を知る事ができますが、この数値だけで天井・底値と決めつけて売買することは危険です。

信用評価損益率等の指標や、チャート・出来高等も組み合わせる事をおすすめします。

騰落レシオはどこで見る?

騰落レシオは日経新聞や各証券会社にも掲載されていますが、下記サイトが見やすいと思います。

東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQの騰落レシオ

騰落レシオの時系列、チャート

まとめ

「騰落レシオ」は相場の天井や底値を探るために使われます。120以上で天井圏、70以下で底値圏とされています。

精度を上げるためには、信用評価損益率等の指標と組み合わせることをおすすめします。

関連記事