株用語

「騰落レシオ」とは?チャート・使い方の解説

株価の天井・暴落の底を当てる騰落レシオ

株価の天井・暴落の底値を探るために「騰落レシオ」が使われます。

「騰落レシオ」とは、相場の過熱感を表す指標です。

騰落レシオを使うことで、株価が「買われすぎ」「売られすぎ」になっていることを知ることができます。

本記事では騰落レシオと、騰落レシオをどこで見ることができるかを解説します。

騰落レシオとは?

騰落レシオとは、株価が「買われすぎ」か「売られすぎ」であるかを知るための指標です。

騰落レシオは、東証一部市場における「値上がり銘柄と値下がり銘柄の比率」をパーセント表示した指標です。

  • 騰落レシオが高い:値上がり銘柄が多い
  • 騰落レシオが低い:値下がり銘柄が多い

騰落レシオの見方

騰落レシオは、120以上で「買われすぎ」70以下で「売られすぎ」の範囲になります。

暴落の時は、騰落レシオが70以下で底値が近い可能性が高くなります。

騰落レシオの目安

120以上:買われすぎ(天井圏)
70以下:売られすぎ(底値圏)

5日騰落レシオ・25日騰落レシオの違い

騰落レシオは、5日騰落レシオ・25日騰落レシオの2種類が使われます。

これは値上がり・値下がりした銘柄の比率を計算するための期間です。

トレードの判断には、一般的に25日騰落レシオが使われます。

騰落レシオのチャートはどこで見る?

騰落レシオは日経新聞や各証券会社にも掲載されていますが、下記サイトが見やすいです。

東証一部・東証二部・マザーズ・JASDAQの騰落レシオ

騰落レシオの時系列、チャート

信用評価損益率等と組み合わせて使う

騰落レシオは市場全体の状況を知る事ができます。

「信用評価損益率」という指標や、チャート・出来高等も併せて見る事で精度が高くなります。

信用評価損益率
「信用評価損益率」とは?使い方、どこで見れるかを解説信用評価損益率とは、損失を出している投資家の割合を示す指標です。 相場の天井や、暴落時の底を判断する際に有効な指標です。 本記事では...

まとめ

「騰落レシオ」は相場の天井や底値を探るために使われます。

騰落レシオの目安

120以上:買われすぎ(天井圏)
70以下:売られすぎ(底値圏)

暴落の時は、騰落レシオが70以下で底値が近い可能性が高くなります。

また暴落時には、自分の保有銘柄の状況や資産額の増減をチェックする必要があります。

無料アプリ「マイトレード」を使えば、アプリが自動的に管理してくれるので導入することをおすすめします。

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

投資管理マイトレード-株式投資を自動で記録分析

Tecotec Inc無料posted withアプリーチ

以上、騰落レシオの解説でした。