株用語

「MSQ・SQ」とは?株価暴落と先物・オプションの影響

株価暴落への影響が大きいSQ・MSQとは?先物・オプションのSQについて解説

株価の暴落時、「MSQ」「SQ」の影響について報道されることがあります。

MSQ(メジャーエスキュー)・SQ(エスキュー)とは、「日経225先物」と「日経225オプション」で使われる専門用語です。

  • SQ:毎月第2金曜日
  • MSQ:3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」

MSQ・SQは株価への影響も非常に大きいため、株式投資家も必ず理解しておく必要があります。

本記事では「MSQ」「SQ」について、初心者にも分かりやすく解説します。

MSQ、SQとは?

MSQ、SQとは日経先物取引、及びオプション取引に関する用語です。

一般的には「SQ日」と呼ばれる、日経先物取引、及びオプション取引の売買に関する「特定の日付」のことを指します。

MSQ、SQ日はいつ?

SQ(エスキュー)日とは毎月「第2金曜日」MSQ(メジャーエスキュー)日は3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」になります。

SQ日

毎月第2金曜日

MSQ日

3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」

MSQ、SQ日前後は株価が暴落したり、当日はストップ高・ストップ安など異常な気配値で始まることがあります。

そのため株式投資家は先物取引・オプション取引の仕組みまで細かく理解する必要はありませんが、最低限SQ日は意識しておく必要があります

SQ(エスキュー)とは?

先物取引・オプション取引で売買したポジションには”期日”があります。株のように、ずっと持っておくことはできません。

買い(売り)ポジションは、期日(取引最終日)までに決済する必要があります。

もし期日(取引最終日)を過ぎた場合は、翌日に強制的に決済されます。

この強制的に決済される日のことを「SQ日」と呼びます。また、強制決済される時の価格を「SQ値」と呼びます

MSQ(メジャーエスキュー)とは?

SQ日には、日経225先物のSQ日と日経225オプションのSQ日の2種類があります。

MSQ日は「日経225先物のSQ日」と同じ日になります。

日経225先物のSQ日はいつ?

日経225先物のSQ日は3ヶ月単位となっています。

3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」が日経225先物のSQ日となります。

日経225オプションのSQ日(マイナーSQ日)はいつ?

日経225オプションのSQ日は毎月「第2金曜日」となります。「マイナーSQ」と呼ばれることもあります。

MSQ日(メジャーSQ日)はいつ?

MSQ日(メジャーSQ日)は、日経225先物のSQ日と同じ日になります。

そのため3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」がMSQ日となります。

SQ値(特別清算指数)とは?

「SQ値」とは、SQ日に自動算出される価格のことです。

SQ値は、日経平均株価を構成している225銘柄の始値を元に算出されます。

SQの算出価格はいつの株価で決まる?

SQの算出価格は、SQ当日の始値で決まります。

注意点としては日経平均株価指数ではなく、指数を構成している各銘柄の株価によって決まります。

そのためSQ当日の朝は、指数構成銘柄に対し大量の注文が入ります。

SQ日に株価がストップ高気配・ストップ安気配になる理由

SQ日当日は、寄り付き前の株価気配がストップ高・ストップ安になる銘柄が発生します。

これは、SQ値に絡むヘッジファンドの売買や裁定取引等が原因と言われています。

しかし実際に寄り付く際には普通の株価でスタートするため、SQ日当日の気配を見て心配する必要はありません。

とはいえ、寄り付き前の気配が参考にならない点については認識しておく必要があります。

SQ週、SQ週の水曜日に株価が暴落、乱高下する理由

SQ値は先物、オプションを売買しているヘッジファンドの利益に大きな影響を与えます。

そのためSQ値を巡った様々な思惑で、株価が乱高下します。

SQ前、特にSQ日の週(SQ週)は株価が暴落することがあります。

これはSQ値を操作することで利益を上げようとする、海外ヘッジファンドなどによる売り崩し、売り仕掛けと言われています。

実際にそのような売り仕掛けが行われているかは不明です。しかし事実としてSQ日前後で暴落が起きたり、株価が荒れることは頻繁に起きています

また先物と現物株の価格差を狙った「裁定取引」と呼ばれる手法で利益を上げるため、ヘッジファンドによる多額の売買がおこなれます。

特にSQ週の水曜日は株価が大きく下がる事があり、「魔の水曜日」と呼ばれることもあります。

少なくともSQ日のある週(SQ週)は警戒しておく必要があるでしょう。

まとめ

MSQ、SQとは日経先物取引、及びオプション取引に関する用語です。

SQ日

毎月第2金曜日

MSQ日

3月、6月、9月、12月の「第2金曜日」

SQ前後では株価が暴落する事が多いため、株式投資家も日程は把握しておく必要があります。

以上、MSQ、SQに関する解説でした。